女性のトラック運転手

女性のトラック運転手を増やすために

高齢化が進み、いま、深刻な人材不足に陥っているといわれるトラック業界。

労働力の確保が急務となっていることから、この仕事への女性の就業率を上げようという取り組みが進んでいます。

国土交通省の調べでは、働く女性の比率は全産業平均で42.8%ですが、トラック運転手ではわずか2.4%の2万人にとどまっているそうです。

こうした現状を受け、国土交通省は2020年までに、女性トラック運転手を倍の4万人まで増やす方針を打ち出しました。

実際、皆さんの多くも「トラック運転手は男の仕事」と考えていることでしょう。

しかし、車の運転自体は男性も女性も同じようにできることですし、すでにトラック運転手として大型車をバリバリと乗りこなしている女性もいます。

女性にとっても十分にやりがいをもって働ける可能性のある仕事だといえますが、これから女性運転手を増やしていくためには、さまざまな課題があることも事実です。

女性がこの仕事に就くうえでの課題

トラック運転手の仕事は、たしかに体力勝負な面もあります。

とくに大型トラックを運転する場合には、遠隔地に向かうために長時間走り続けたり、早朝や深夜に勤務することもあるため不規則な生活を強いられがちです。

また、女性の社員が少ないことからちょっとした相談がしにくかったり、女性に対する理解がなかったりする職場もあるようです。

男性と同じように働きたいと思いながら、将来、出産や育児ということまで考えると、なかなかキャリアを想像しにくいのが現実かもしれません。

しかし、国を挙げて女性のトラック運転手を増やそうという動きが進む中、今後は女性にとってさらに働きやすい職場づくりに取り組んでいく物流会社、配送会社が増えることが予想されます。

たとえば、女性用のトイレや更衣室をきちんと整備したり、近距離の集配業務を家庭を持つ女性に任せて短時間勤務も認めたり、遠隔地への運転をする場合には、途中で複数の運転手が乗り継ぐといった方針も検討され始めているようです。

これから、少しずつ状況は変わっていくものと思われますが、トラック運転手が働ける会社はたくさんあるため、会社によってどれくらい女性にとって働きやすい環境を整えているかにも差が出てくるでしょう。

ホームページやパンフレットなどをよく見たり、人事担当者に質問するなどして、本当に働きやすいと思える会社をしっかりと選ぶことが大切です。