トラック運転手の1日

トラック運転手の1日といっても、何百キロという長距離を走るのか、それとも宅配など決められた区域の配送を担当するのかなどによって、その日の過ごし方はだいぶ異なります。

ここでは、大型トラックの運転手と、宅配便を扱うトラック運転手それぞれのある1日の様子について紹介します。

大型トラック運転手のある1日

05:00 出勤

出勤時間は当日の配送先によって異なります。時間を逆算して、確実に間に合うようにスケジュールを組みます。

05:30 点呼

体調に異常がないかとアルコールチェック、車両の点検も行います。

06:00 出発

荷物を載せているトラックに乗り、目的地を目指して出発します。

9:30 現場到着

現場に到着すると、荷卸しを行います。荷物によってはクレーンを使う場合も。

11:00 次の現場へ出発

再び積み込み指示を受け、次の配送先へと向かいます。

12:30 休憩

昼食をとります。休憩中はストレッチをするなどをして、身体をリラックスさせます。

15:30 現場到着

先方担当者に元気よく挨拶し、荷卸しを行います。

16:30 帰社

翌日配送の荷物の積み込みを終えて、会社に戻ります。

16:45 退社

当日分の業務報告書を作成し、終了点呼を行ったら勤務終了です。

宅配便を扱うトラック運転手のある1日

06:30 出勤

制服に着替え、営業所で配達区域内の荷物を積み込みます。

08:00 出発

配達に向かいます。この地域では個人住宅への宅配が多いため、お客さまが顔を覚えてくださることもしばしば。コミュニケーションを大切にします。

12:30 営業所へ戻る

休憩と昼食をとります。

13:30 集荷

午後は集荷業務を担当します。電話などで依頼を受けたお客さま先で集荷したり、発送窓口のコンビニや会社などを回ります。

16:00 積み替え作業

集荷した荷物を長距離輸送車へと積み替えます。

16:30 勤務修了

遅番で出勤している他のスタッフに引継ぎを行います。翌日のスケジュール確認をしたら業務終了となります。