トレーダーの志望動機

就職試験で重視される志望動機

トレーダーは、おもに投資銀行や証券会社の「トレーディング部門」で活躍しています。そのため、大学や大学院を出てから、まずこれらの企業に就職しなければならないのですが、就職試験で必ず聞かれるのが志望動機です。

投資銀行や証券会社は就職先として人気が高く、試験の場にも大勢の志望者が集まります。そのため、そこでどれだけ想いのこもった志望動機を伝えられるかが、合否を分けるポイントになり得ます。

「社会に影響をおよぼす仕事がしたい」、「経済のダイナミズムを味わいたい」などがトレーダーの代表的な志望動機です。

また、「学校で経済や金融について専門的に学んだ経験を活かして活躍したい」という人や、「海外と関わりのある仕事がしたい」など、人によって想いはさまざまです。

ガッツある姿勢を見せる

一方、トレーダー志望者に本音を聞いてみると、「お金をたくさん稼ぎたいから」と答える人が多いようです。

「とにかくお金がほしい」という志望動機は、一見浅はかなようにも聞こえますが、トレーダーになれば一般的な会社員より多くの収入を得られやすいことは周知の事実ですし、そこをモチベーションにしてがんばる人もいますから、一概に悪いこととはいえません。

しかし、トレーダーの仕事は、決して楽なものではありません。

最近ではネットを使って個人的にトレーディングをやったり、株や相場の動きに興味を持つ若者も増えているようですが、就職し、職業としてのトレーダーになると、まったく違う厳しさや苦労が待っているでしょう。

「華やかそう」「楽に稼げそう」といったイメージを抱いていると、現実を目の当たりにしてショックを受けてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

志望動機は100人100様のものとなるのが当たり前ですが、企業側から「仕事の実態を理解しようとしていない」と思われてしまうことだけは避けなければなりません。

しっかりと業界研究・企業研究を行い、どんな仕事をするのか可能な限り理解したうえで、志望動機を考えることが大切です。

なお、トレーダーには強い精神力や判断力も求められるため、「稼げるトレーダーになるために、厳しい仕事も前向きにがんばる」や、「ライバルには負けたくない」といったガッツある姿勢は、受け入れられやすいようです。