トレーダーの勤務時間、休日

勤務時間

銀行や証券会社に勤めるトレーダーの場合、勤務時間は一般的な会社員と大きくは変わりません。ただし特徴的なのは「朝が早いこと」で、7時半ごろには出社する人が多いようです。

トレーダーの朝が早い理由は、国内市場では朝9時から取引が開始されるため、それまでに社内のアナリストやディーラーたちとマーケット動向を踏まえて、当日の執行方針を決定する必要があるためです。

日本が深夜の時間帯にも、時差の関係で海外マーケットは動き続けています。ですから、早朝のうちに海外マーケットや経済情勢の変化に関して、しっかりと情報収集しておく必要があるのです。

トレーダーの1日は、経済ニュースや新聞を読んで、マーケットに影響のある情報をチェックするところから始まります。

仕事が終わる時間に関しては、だいたい17時〜18時となっているようです。

注文が立て込んだ日、お客さまからの問い合わせが多かった日などは事務処理が増えて残業になることもありますが、勤務時間中は神経が張りつめているため、できるだけ効率的に仕事を終わらせて、気分転換をすることも大事です。

ただし、トレーダーたちは帰宅後も経済ニュースを欠かさずチェックしているようです。世界マーケットの動きが気になってしまうのは、もはやトレーダーの職業病ともいえるかもしれません。

休日・休暇

トレーダーの休日は、完全週休2日制(土・日)に加えて、祝日となっていることがほとんどです。基本的に日本の株式市場は土日祝日は動かないため、トレーダーも「カレンダー通り」に休むことができます。

しかし、株式市場はゴールデンウィークやお盆なども、土日祝日を除いて動き続けます。

そのため、世間が連休をとっていたとしても平日は出勤しなければならず、その代わりに交代で有給休暇を積極的に取得するといった職場も多いようです。