女性の鉄道会社社員

女性の社員も多数活躍している

鉄道会社の仕事というと、どうしても駅員や車掌、運転士といった姿がイメージされやすく、「男性の職場」と考える人が多いようです。

しかし、鉄道会社にはこのような現業職の仕事以外にも、たとえば本社でサービス企画を考えたり、人事や経理など会社の管理業務に携わったり、お客さまからの問い合わせ窓口になったりと、多様な職種に就いて活躍している人がおり、そのなかでは女性もたくさん働いています。

とくに本社勤務の場合は全社員のうち女性の割合も比較的大きめとなっており、決して男性だけが働いている業界というわけではありません。

また、最近では各業界で女性の活躍をさらに推進する傾向が強くなっており、鉄道会社でも「男性の仕事」というイメージを覆すべく、以前にも増して女性が安心して働ける職場環境を整えようと注力する企業が増えているようです。

たとえば、大手鉄道会社を中心に育児休業や家庭と仕事を両立できるような各種制度も充実しており、家族の協力を得れば、長く仕事を続けることも可能だといえるでしょう。

現業職でも女性は増えている

最近では駅で働きたいと考える女性も増えており、女性の駅員や乗務員を見かける機会も増えてきています。

ただし、女性だからといって楽ができるわけでもなく、男性と同様にまずは駅員としての経験を積み、そこから車掌、そして運転士へステップアップしていく流れが一般的なものとなっています。

現業職の場合、基本的に泊まり勤務が発生すること、またシフト勤務で不規則な生活になりやすいことから、体力面などで不安がある女性には少々厳しいと感じるかもしれません。

しかし、会社によっては育児期間中は深夜勤務が免除されることもあります。

現業職は、「お客さまにサービスを提供する」という要素も強い仕事になるため、女性のきめ細やかな対応や気遣いが、お客さまから評価されるケースも多々あるようです。

もちろん、その他の職種でも女性だからといって就けないものはなく、熱意があれば責任ある仕事を任され、キャリアを築いていくことができます。