書店員になるには

大事なのは本が好きな気持ち

書店員には必要な資格も学歴もまったくありません。

アルバイト、契約社員、正社員など働き方はさまざまで、求人も比較的よく見かけます。そのため、正社員を除けば、書店員になるのはそれほど難しくはないといえるでしょう。

大手書店では新卒採用の際には大卒以上という、条件を出している書店もありますが、学歴は書店で働くのに大きく影響するものではありません。

また、アルバイトから契約社員、正社員になる人も多くいます。

書店員に大事なのは本を好きな気持ちです。一日中、本に関わるので本があまり好きではないとつらい仕事となるでしょう。

本をたくさん読む

小説やエッセイ、ライトノベルやコミック、雑誌、さまざまな専門書、本にはいろんな種類があります。

書店員には各担当の棚や売場があるのですが、自分が好きなジャンルの棚や売場を担当するとは限りませんし、自分の担当のジャンル以外の書籍の問い合わせをお客さまから受けたりすることも多いです。

書籍は数限りないので、すべてを読むことは不可能ですが、幅広くさまざまなジャンルの本の知識を身につけるということが大切です。

最近では電子書籍について聞かれることも多いので、電子書籍の知識もあった方がよいかもしれません。

接客業としての役割

本の知識はもちろん大事ですが、本屋さんはあくまでも接客業です。本を取り扱う職業の中で一番、人と触れあうことが多いのではないでしょうか。

接客業全般にいえる当たり前のことなのですが、普段から正しいマナーや言葉遣い、電話応対なども身につけておきましょう。

笑顔も忘れずに、また来てもらいたいと思ってもらえることが大切です。

仕事体験談