森林インストラクターの仕事内容

森林インストラクターとは

森林インストラクターは、森林での安全な楽しみ方や過ごし方、森の仕組みなどを教え、野外活動の指導・アドバイスを行う「森の案内人」です。

森林インストラクターの仕事内容

森林インストラクターの仕事は、森林の持つ機能や役割、重要性、それに楽しさや怖さなどを伝えるために、さまざまなプログラムを開発し、それを提案・提供することです。

具体的には、森林散策をしながらそこに生息する動植物を紹介したり、森の仕組みについて教える森林ガイドや、バードウォッチングやキノコ・山菜採り、森林浴などの森林内での活動のインストラクション(指導)を行ったり、子どもを対象とした林間学校や自然教室の指導を行うこともあります。

この他にも、間伐や植林などの作業を通して森林づくりの重要性を伝える林業教室や木材の良さを伝える木工教室、里山文化などを伝える炭焼き教室の指導など多彩な活動を行います。

また、こうした魅力的で楽しいプログラムを通じて人々を森林に引きつけ、里山と都市とをつなぐ重要な役目も担っています。

なぜ森の案内人が必要なのか

最近では、森林散策やハイキングだけでなく自然環境を利用したさまざまな活動が盛んに行われています。これは、人々にとって森林が身近な場所になり気軽に自然に接する機会が増えたということです。

しかし、自然環境は私たちを癒し楽しませてくれる一方で、時にはとても厳しい側面を持ちます。少しの気の緩みや軽卒な行動が命に関わる重大な事故に繋がることもあります。

こうした危険やリスクを理解した上で上手に自然とつきあっていくためには、自然に対する正確な知識や的確に状況を判断する能力が必要になります。

森林の仕組みをより深く理解するために、知識や経験をもった森林のスペシャリストの存在が必要なのです。