作詞家のオーディション、コンクール

作詞家のオーディション

ひと昔前には、作詞家を目指す若者がレコード会社や音楽制作会社のプロデューサーやディレクターを尋ね、自分が作詞を担当した曲のデモテープを売り込むという方法がとられることもありました。

しかし現在のように音楽がデータ化され、メール添付でデータのやりとりができる時代になると、プロデューサーやディレクターとアポイントを取ることさえ難しくなっています。

現在、作詞家としてデビューする方法として主流なのは、「コンペ」と呼ばれるオーディションを通過して最初の仕事を獲得する道です。

コンペの情報は主に音楽出版社や作家事務所、音楽事務所に流されます。

作詞のコンペは、アーティストの次の新曲、または新曲候補の数曲を課題にして、作詞家志望の人たちがそれぞれイメージに合った歌詞をつけ、その中から優秀な作品が選ばれるしくみです。

コンペの主な流れ

1.コンペにかける曲を決定

アーティスト、プロデューサー、ディレクターなどの意向により、新曲の企画やコンセプトが決められ、その方向性に合った作曲が行われます。

2.事務所にコンペの情報を通達

音楽出版社・作家事務所・音楽事務所などにコンペの募集情報が流されます。

多くの場合、この時点ではアーティストの歌や演奏ではなく、作曲家の鼻歌やシンセサイザーなどでメロディーが入ったデモ曲が支給されます。

3.コンペ参加者を募集

事務所から登録している新人作詞家や作詞家志望者へ、コンペの募集要項が流されます。締切日は1〜3日後、倍率は20倍以上という厳しい状況も珍しくありません。

4.エントリー

コンペへの参加を希望する人は、募集要項に則って作詞を行い、事務所に課題を提出します。後は結果を待つのみです。

5.審査

アーティスト、プロデューサー、ディレクターなどによりもっとも優秀な作品が選ばれます。

選ばれたからといってそのまま新曲に採用されることはまれで、大きく修正を依頼されることも多々あります。