ラジオディレクターの給料・年収

ラジオディレクターを目指す方にとって、給与面も気になるところでしょう。

マスコミ業界でもあるラジオはどのくらいの年収を得ることができるのでしょうか。ここでは、ラジオディレクターの年収を見ていきます。

放送局員で正社員の場合

ラジオディレクターにはさまざまな雇用形態があり、給与の幅は相当あります。

まず、大手ラジオ局の場合は平均年収が600万円〜1000万円ほどとかなり高めです。

ディレクターを経て、プロデュサーや局長などなることができれば、年収はさらに上昇していきます。

正社員という立場であり、ボーナスも出るため、大手ラジオ局の待遇はかなり良いといえます。

一方でローカル局や下請けの制作会社の場合、ラジオディレクターの平均は350万円〜600万円ほどといわれています。

地方局の場合、地域により幅があるので一概にはいえませんが、大手と比べるとかなり見劣りするのも事実です。

フリーランスの場合

ラジオディレクターは番組単位で発注がかかります。そのため、フリーランスのディレクターとして働いている人も多数います。

フリーランスとなれば、給与に幅がでてくることは間違いありません。

フリーディレクターの平均年収は200万円から600万円ほどとなるでしょう。

ちなみに番組1本のギャランティは、経験や実績などによって異なり、2500円〜2万円ほどと差があります。

地方のコミュニティになれば、駆け出しのころはノーギャラということもあり得るので、続けるためには本当にラジオが大好き、という気持ちを持っていることが重要なポイントとなります。

大手ラジオ局や制作会社の場合には、ラジオADという立場で働く場合もあります。

正社員であれば年収は300万円から500万円ですが、フリーのラジオADであれば年収がおよそ150万円程度といわれているので、ラジオ1本で生計を立てるのであれば、かなり厳しい生活を送らなければならなくなります。

数字だけを見てみると、やはり大手の正社員の待遇が良いことに間違いありませんが、部署異動があったり、自分の意見が通りにくいなどの側面もあるので、自分のやりたい仕事ができるとは限らないという一面もあります。

待遇だけ考えるのではなく、自分がどんなスタイルで仕事をしたいのかということを考えて、職場を選ぶことが重要です。