入国審査官の研修・訓練

初等科研修(採用後まもない職員対象)

入国審査官職員として採用されると、採用当初は法務事務官として各地方入国管理局、支局、出張署に配属されます。

配属されるとすぐに、茨城県牛久市にある体育館などを備えた法務総合研究所牛久支所で約3か月ほどの間宿泊研修が行われます。

研修内容は、まずは入国管理局で業務を行う上で必要となる入国管理法や難民認定法などの基礎的な法律を学びます。

また、入国審査官は外国人に対応する国際業務が多いため、英語や中国語、韓国語といった外国語の研修も受けます。

中等科研修(採用後4年以上の職員対象)

入国審査官の業務は幅広く、勤務経験などに応じて、より難易度の高い業務に対応することになります。そのため、より高度な法律知識や実務力アップを目指した中堅職員向けの研修が行われます。

継続的なキャリアに応じた研修

その後も、勤務年数や役職によって必要とされるスキル習得のため、高等科研修、管理科研修、特別科研修などのキャリアアップをサポートする研修が提供されます。

また国内外の大学へ長期留学を行い、必要となる研究を行うことができる制度も整備されており、より高度な教育を受ける機会も提供されています。

語学研修

語学力を磨き、コミュニケーション力をアップさせるためにも、語学学校での3か月ほどの長期委託研修や、勤務終了後に語学学校へ通学できるような在勤地研修など語学スキルアップへのフォロー体制も整っています。

国際業務に興味はあるものの、語学力に不安を感じている場合でも、研修を上手く活用してレベルアップすることは可能です。

在外公館勤務

国際感覚豊かな職員育成のため、法務省では外務省に出向させ、在外公館勤務で査証発給業務の実務や外国での生活を経験させる制度をとっています。

中国、韓国、タイ、フィリピン、マレーシア、ロシア、ブラジル等への派遣実績もあり、日本にいるだけでは経験できないような、国際経験をできるチャンスを得られるのは魅力でしょう。