国連職員になるには

語学力は必須

TOEICやTOFLEで○点以上など、特に点数で定められていません。しかしながら、国連職員として働くには、語学力が必須です。特にほとんどの国連や国際組織への応募条件は、英語もしくはフランス語で職務遂行が可能なことと定められています。

加えて、一部学士で応募できる若年層向採用プログラムもありますが、実際に採用されるのは、海外での大学院卒業者(修士以上)が殆どです。

また、日本の資格で特に採用時に有利となるものはありませんが、例えば会計の職を目指す場合には、CPA(米国公認会計士)が、監査の職を目指すならばCIA(内部公認監査人)など、職務に繋がる資格を保有し経験を積むことも一つの手段としても考えられます。

学歴は関係ない

国連の国際組織で活躍する国連職員の出身大学は多様です。実は、出身大学名は一切採用に関係ありません。学部についても、選考に有利な学部は一切ありません。

自身が目指す国際機関と、そこで求められる職種と専門性を調べ、大学・大学院での専攻や仕事まで、「一貫性」を持つことが求められています。

とはいえ、国連職員の中には、目標を追っていて結果的に国連職員になったという人が多くいます。国連では素晴らしい学歴というより、キャリア(職歴)を持った人、民間企業出身者も多く、採用の際も職務経験が重視されているということもあるでしょう。

学生のうちに勉強・経験しておくべきこと

1.語学: 英語またはフランス語に堪能であること、職務遂行が可能であること
2.学位:修士号以上の学位 ※一部例外あり
3.専門性:経済・会計・法律・政治・行政・農業・広報・開発・ロジステクス・調達・ITなど得意分野
4.その他:国際的なインターンやボランティアなどで現実に触れること、またそれらの経験を通じてネットワークをつくること。また、日本人が苦手とするプレゼン力も磨いておくことも重要でしょう。

多くの女性が活躍

国際機関は、ダイバーシティを重んじる職場であり、国籍・男女の区別なしに採用され、また職務に従事することができます。

国連職員全体の男女構成としては、女性が33%であり、国連は空席ポストへの女性の応募を推奨しています。また、国連では家族を持つことは当たり前のことと理解されていますので、日本で女性が少なからず働きにくいと感じる部分(産休・自宅勤務が取りにくいなど)は、国連では問題になりません。

むしろ女性が働くことは当然であり、そのために環境を整えることもまた当然と考える組織が国連なのです。そういった面では、国連は女性にとって働きやすい環境と言えるでしょう。

しかしその反面、世界各地で職務遂行をするわけですから、キャリアと家庭とのバランスを取ることも必要になり、少なからず悩める女性職員はいることでしょう。