国連職員の一日のスケジュール・生活スタイル

国連職員の職場

国連職員と聞くと、国連本部を思い浮かべ、官僚組織であり事務局として働くイメージや、通訳、会議運営を主催する職員のイメージがある人もいるでしょう。

しかしながら実際の国連職員の職場のほとんどは、国連本部ではありません。

国連加盟国は193の国があり、その全てが国連職員の職場となるのです。

取り組む業務も所属する機関によって全く異なるため、かなり多様な働き方が可能といえます。

国連職員の業務スケジュール

国連職員は、専門職として働く場合、基本的に自国以外の国に赴任します。

国連職員の業務は所属によって大きく異なっており、それぞれの1日のスケジュールも全く違います。

ここでは例として、国連事務局の専門職として働く国連職員のある1日を見てみましょう。

8:30
出勤したら、まずはパソコンでのメールチェックをします。

日々たくさんの連絡が入ってくるため、重要度の高いものから対応していきます。

9:00
来年に控えた世界国連会議の準備会議に出席、多様な国籍を持つ同僚と意見を出し合いながら、進捗状況などの共有を行います。
12:00
出向先から一時戻った同僚とランチミーティングの時間を持ちます。
13:00
他機関と合同で行うスカイプ会議に出席します。
15:00
当日行われたミーティングや会議の内容を書類にまとめていきます。

国際機関では必ず文書で残されるため、事務処理にかかる時間も長くなります。

16:30
上がってきた報告書に目を通し、内容に誤りや齟齬がないか入念に確認します。
18:00 退勤
退勤

国連職員の生活水準は?

国連職員の勤務地は世界各地に広がっており、中には紛争地帯や難民キャンプ支援の仕事を行う職員もいます。

そこで不安に感じるのは、生活水準はどの程度なのか、安全なのか?ということではないでしょうか。

例えば給与についてですが、国連職員はどの国に赴任されたとしても同程度の水準が維持されるような制度となっています。(国連共通制度 ※OECD等金融機関を除く)

また、生活水準は国によって異なりますが、一定以上の生活環境は確保されているようです。

国連職員は異動がつきもの?

実は、国連職員で終身雇用者は少数です。

ほとんどは、数年契約や中には数ヶ月の契約までさまざまです。

また、国連職員は、転勤・異動も多く、職員は空席が公表されると、希望の席に応募します。

それゆえ、2年程度で転職活動(空席に応募)をする必要が生じ、こうした異動は国連で働く限りつきものとされています。

中には過酷な場所で任務に当たることもあるため、短い任期でないと厳しい…という部分もあるのでしょう。

この雇用体制については、受け取り方は人それぞれですが、さまざまな職場や貢献の機会に恵まれ、成果を求められるため緊張感を持ち仕事に取り組めるなど、プラスに捉える職員も多くいます。

家庭と両立できる?

国連職員にはさまざまな手当があり、扶養手当や帰国休暇・手当、家族訪問休暇など、離れて暮らす家族にも配慮した制度もあります。

また、出産休暇をはじめ、子供の出産1人当たり最長2年の育児休暇をとることも可能であることや、自宅勤務や日本でいう時短勤務など、国連は、家族に配慮した勤務環境を作ることにも力を入れています。

しかし、そのような働きやすい環境であっても、忙しい環境であるため、キャリアとライフ・ワーク・バランスをどう取っていくのかが課題となっています。

国連職員の勤務時間・休日