国連職員の出身大学・学部は? 留学は必要?

国連職員になるために必要な学歴

下記は、国連職員への応募時に必要な最低限の条件です。

これに加えて、応募先の機関において必要となる専門知識やスキルも必要となります。

・語学力:英語もしくは仏語で職務遂行が可能であること
・学位:修士(大学院)以上の学位 ※一部例外あり
・専門性:募集機関が求める専門分野での職務経歴 ※一部例外あり

基本的には、この全てを満たして初めて、選考の土台に乗ることが可能です。

そのため、国連職員を目指す場合、最低でも修士以上の学歴を取得することが目標となります。

国連職員になるには? 必要な資格や学歴はある?

国連職員に有利な大学・学部は?

実は、国連職員の選考において出身大学名は関係ありません。

学部についても、選考に有利な学部は一切ないと国連人事センターのガイダンス資料でも公言されています。

ただし、選考においてはこれまでの専攻と職務経験(インターン・ボランティアも含める)が一貫していて、即戦力であることが重視されます。

まずは、どのような仕事に従事し、どのような国際貢献をしてゆきたいかを明確にしましょう。

その上で、それを実現するために必要な専門性を身につけることができる教育機関を選ぶことをおすすめします。

国連職員を目指すなら、留学という選択肢も

国連職員になるためには、高い語学力が求められます。

国連の公用語はアラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語の6ヶ国語。

このうち国連職員が業務で使用するのがフランス語と英語です。

国連職員の応募条件としては英語もしくはフランス語が必須、それ以外の公用語を話すことができればより高い評価が期待できます。

語学力を高めるため、国連職員になるために必要な修士号を、留学先で取得するという方法もあります。

留学を経験することにより、生きた語学力を手に入れることに加え、異文化の中で生活する力や、異なる背景を持つ人材と交流し関わる能力も磨かれます。

これらは、国連職員となるために必須の資質であり、大変有効です。

海外の教育機関で学歴を取得する場合、例えば、次のようなパターンが考えられます。

・学士号と修士号も海外で取る
・学士号を日本で取得し修士号は海外で取る
・学士号を海外で取り修士号を日本で取る

時間的制約がある場合、学士号を日本で取り、修士号を海外で取るパターンをおすすめします。

このパターンであれば、学生のうちに海外大学院のリサーチ、専門分野の確定、貯金など、留学に必要なさまざまなタスクをこなす時間が取れるためです。

また、海外大学院に在学中、もしくは卒業後に、現地国連機関でのインターンシップのチャンスが巡ってくるかもしれません。

留学先の選び方

国連での業務上の公用語は英語とフランス語ですが、世界的に見て第2外国語としては英語を話す人が圧倒的に多いのが現状です。

そのため、留学先として第一は、英語圏の国を検討することがおすすめです。

あるいは、すでに英語は流暢に話せるというケースでは、フランス語圏への留学もおすすめできます。

また、目指す専門分野において、最先端の研究・技術に触れることができる国・教育機関を選ぶことも重要です。

語学を重視するあまり、専門分野としてあまり条件の整っていない国を選んでしまうと、その後のキャリア形成で苦労する可能性もあります。

何をいつまでに学びたいのかを明確にして、様々な角度から行き先を検討することが大切です。