国連職員のやりがい・楽しさ・魅力

国連職員のやりがい・楽しさ

国連職員の仕事は、一般的な仕事と違い、世界をより良くするための仕事です。

影響を及ぼす範囲は文字通り世界中で、大変責任ある仕事ということができます。

そのため、他の仕事では味わうことのできないやりがいや、国連職員ならではの楽しさがあります。

理想を語ることができる

国連職員の仕事は、平和や開発といった、営利ではない部分が大部分です。

それはつまり、世界の理想を実現することです。

一般企業においては、企業の利益を追求するためや、社会の仕組みのために理想を諦めざるを得ない場面もあります。

その点、国連職員はより良い世界を実現するため、理想を追いかけることができるため、大変やりがいのある仕事といえます。

現状や困難を変えていく行動をとることができる

国連職員としての仕事では、貧困や病気で人が亡くなる中、現地視察を行うこともあります。

このような光景は大変痛ましいものです。

ですが、国連職員であれば、それに心を痛めるだけでなく、その現状を変えるため、自分の力で取り組むことができるのです。

つらい現実に直面して無力感を感じるのではなく、改善に向けて行動を起こすことができるのは、国連職員ならではのやりがいです。

実際に行ったことの結果を目にする機会は稀ですが、それでも、誰かの役に立っていると確信して仕事をすることができるのは、素晴らしいことです。

国連職員の仕事内容

国連職員の魅力

大きなやりがいと楽しさのある国連職員の仕事です。

しかも、一般的な仕事とは違う特殊性も持っています。

その特殊性のため、他の仕事にはない、国連職員だけの魅力もあるのです。

国連だからこそできる仕事ができる

国連職員は、世界中に及ぼす影響力を持って仕事をしています。

時には諸国の議会長に面会したり、要人と関わったりと、他の仕事ではなかなか会うことのできない人と一緒に仕事をすることもあります。

一般の人が立ち入ることができない場所での仕事もあります。

国連職員でなければできない仕事を経験できるのは、大きな魅力の一つです。

国籍を超えて働くことができる

国連はダイバーシティ(多様性)を重視する組織です。

世界中から、様々な国籍や文化、バックグラウンドを持った職員が集まり、チームとして働いています。

地球に住む一人として、国籍を超えて働くことができるのです。

世界中が職場になる

意外に感じる人もいるかもしれませんが、国連職員は大変異動の多い職業です。

そのため、短期間の間に世界中を飛び回って仕事をする、ということもあります。

自分が必要とされている限り、どの国でも働けるというのは、他の職業にはない、国連職員ならではの魅力といえるでしょう。

社会的問題の解決法を工夫できる

たとえば、国連では「フードチャレンジ」というキャンペーンを行っています。

これは、気候変動対策に個人も貢献してもらうように呼びかける活動のことです。

国際的に有名なシェフや、国際農業開発基金も加わるこのキャンペーンは、営利企業ではなかなか実現できない国連ならではの活動です。

このような世界的意義があり、かつ斬新な活動を企画・実践することも国連職員の仕事の1つです。