医療事務の資格

医療事務の試験は多種多様

医療事務の資格は多々ありますが、いずれも国家資格ではなく、さまざまな団体が実施している民間資格です。

したがって、資格を取得しなくては仕事ができないというわけではありません。

ただし、それらの資格のなかには「診療報酬請求事務能力認定試験」や「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」など、厚生労働省などが公的に認可した団体が実施している公的資格もあります。

年齢や学歴などの受験資格や試験の傾向、試験対策も、資格ごとに異なります。

なお、医療事務の資格試験のなかには、取得するために特定の講座を受講することが必須になっている試験もあるため、事前に試験の内容と受験方法、試験の形式、出題の傾向と対策をよく確認する必要があります。

医療事務の代表的な資格

医療事務の資格は、医療事務の業務全般が試験範囲となっているもののほか、医療秘書、レセプト作成、あるいはカルテの情報管理といったコンピュータの扱いに特化したものまで、さまざまです。

代表的な医療事務の資格を挙げてみても、以下のようにたくさんの資格があります。

さらに、各資格のなかで、「医科」「歯科」「調剤」の3つの種類に分けられているものもあります。

医療事務資格の例

医療事務のおもな資格は、以下のようにたくさんあります。

合格率は50%程度のものから80%近くにのぼるものが多いようですが、診療報酬請求事務能力認定試の合格率は30%程度とやや低めになっています。

・診療報酬請求事務能力認定試験
・医療事務技能審査試験
・医科2級医療事務能力認定試験
・医療事務管理士 技能認定試験
・医療事務能力検定試験
・医療事務管理士技能認定試験
・保険請求事務技能検定試験
・メディカルレセプションクラーク
・医療保険士
・医事管理士
・医療管理秘書士
・医療事務士
・医療秘書技能認定試験
・医療秘書認定試験
・医療保険調剤報酬事務士
・調剤事務管理士技能認定試験
・調剤報酬請求事務専門士検定試験

どの資格を取ればいいのか

医療事務の資格はたくさんあるために、どれから取得すればいいのか、どれを取得すればいいのか迷う人が多いでしょう。

絶対にこの資格でなくてはならないということはありませんが、いきなり、ある分野に特化された資格を取得することは難しいところがあります。

まずは「医療事務技能審査試験」など、医療事務全般が試験範囲となっている資格を取得し、そのうえで、あるジャンルごとに特化された資格を取得することをオススメします。

就職前に医療事務における業務全体の基礎知識が身についていれば、いざ現場に入ったときに、全体像を見渡しながら働きやすくなるといった良さもあります。

資格名にこだわるよりも、自身の目的に合う資格の取得を目指すとよいでしょう。

近年は、医療事務の人気が高まっていることから、応募条件として医療事務の資格を持っていることを掲げる病院やクリニックも増えつつあるようです。

こうしたことから、資格の受験者数も増加傾向にあります。

仕事体験談