医療事務になるには

資格を取得しておいたほうが有利

医療事務として働くために、学歴や資格は必ずしも必要ではありません。

未経験者でも仕事をすることができますが、資格や知識があったほうが、やはり就職先の選択肢は広がります。そのため、医療事務系の専門学校を卒業してから就職するルートを選ぶ人もいます。

とくに、医療事務は一般事務とは異なり医療に関する専門的な知識が必要になるため、それを有している証明になる資格を持っている人のほうが、良い待遇で働けることも多いようです。

なお、医療事務には国家資格がなく、ほとんどが民間資格となります(一部、公的な資格もあります)。

関連する民間資格にも非常に多くのものがあり、そのなかでもメジャーなものとして、以下の2つが挙げられます。

・財団法人日本医療教育財団の「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」
・財団法人日本医療保険事務協会の「診療報酬請求事務能力認定試験」

資格の取得方法

医療現場では「レセプト(診療報酬明細書)」など、医療に関する専門用語を多く使用します。そのため、最低でも基礎知識の勉強が必要になります。

医療事務の知識を有している証明になる資格は、専門的な知識が必要とされるものもあります。

実務を行いながら勉強していく方法もありますが、専門学校やスクールに通ったり、通信教育を受けて勉強するのも有効です。

医療事務は近年、とくに女性の間で人気が高い資格となっており、多くの通信講座があります。講座によって学べる内容や取得できる資格が異なるため、よく比較して選んだほうがよいでしょう。

医療事務の仕事は受付や診療費の計算だけでなく、カルテの管理や医事統計、診療報酬請求業務など幅広い仕事があり、関連の資格を取得することにより携わることができる業務の幅も広がっていきます。

就職の状況

医療事務は、病院やクリニックでの勤務が一般的です。

歯科医院での勤務もありますが、そこでの医療事務は「歯科助手」と呼ばれることも多いです。また、調剤薬局でも医療事務が活躍しています。

資格は取得しておいたほうが有利になるケースが多いですが、資格があるからといって必ずしも就職できるわけではありません。

医療事務の有資格者は増えており、勤務条件がいいところは競争率が高くなっています。

病院によっては実務経験者のみを採用しているところもあるため、まずは派遣会社に登録し、派遣社員として経験を積んでから正社員への道を探す人もいます。

医療事務に求められる能力

几帳面であること

医療事務の大切な仕事の一つとして、診察報酬の算出があります。カルテを見ながらミスなく正しくパソコンに入力しなければならないため、注意深く几帳面なタイプが向いています。

人当たりがよい

受付業務ではさまざまな年代の患者さんと接することになるため、思いやりの心や接客能力が大切になってきます。

受付の対応次第で病院の印象も変わります。丁寧で細やかな対応ができなければなりません。

事務処理能力

医療事務のカバーする領域は広く、一般的な事務と比較すると覚えることは多くなりがちです。数多くの業務を覚え、テキパキと仕事をこなしていく、高い事務処理の能力が求められます。

医療事務の現状と今後の見通し

高齢化社会が進み、病院の患者さんの数は増え、事務の効率化が望まれています。また、医療費が上昇しており、診察報酬の計算方法も数年ごとに変わっている状態です。

そうしたなかで、正しい知識を持って正確に、素早く診察報酬を計算することができる専門家として、医療事務の重要性は高まっています。

仕事体験談