放送作家の仕事内容

番組の企画を考え、台本を書く

放送作家の仕事は、「テレビやラジオ番組の台本を書く」ことです。番組の構成を考える仕事であることから、構成作家とも言われることもあります。

私たちが普段楽しんで観ているテレビ番組は、どんな内容のものでも「台本」が存在し、それに沿って収録が進められています。その台本を書いているのが放送作家です。放送作家はアナウンサーなどが画面に合わせて読むナレーション書きも行います。

台本やナレーションを書くためには、まず「企画」を考えなければなりません。その企画立ての中心人物となり、番組全体の構成まで考えて台本に起こすのが、放送作家の仕事なのです。

担当する番組は、バラエティ、音楽番組、ドキュメンタリーなどさまざまで、ドラマや報道以外のすべてのジャンルになります。

放送作家と番組制作

番組を作る際には、必ず企画会議が開かれます。放送作家はプロデューサーやディレクターと一緒に会議に参加して、企画を提案します。

放送作家は会議でアイデアを出し、会議で決まったことを企画書にまとめていきます。番組の全体の構成や、出演者が話すセリフ、場面の設定、ナレーションなどを考え、台本として仕上げていきます。

台本を書く作業と同時に、美術担当など制作現場のスタッフとも打ち合わせを重ねます。文章で書いたことを立体的に見せるために、専門的な打ち合わせが必要になるのです。

バラエティ番組はとにかく「企画」命

放送作家が活躍する番組のジャンルはさまざま。ドラマのストーリーを考えるのは「シナリオライター」と言われますが、ドラマ以外(バラエティや情報番組など)では放送作家の力が必要になります。

その中でも、バラエティ番組の場合、特に重視されるのが「企画」です。ユニークなやり方で視聴者を笑わせるのが目的ともあれば、企画こそが番組の面白さを決めると言っても過言ではありません。

ひとつの番組に複数の放送作家が付くことも多いため、それぞれの放送作家たちは自分の案を採用してもらうべく、必死で面白い案を考えます。