花屋になるには

資格も免許も必要ない

花屋になるのに、特別な資格や免許は必要ありません。しかし、「花屋になる」といってもその働き方はさまざまです。アルバイトでも良いのか、正社員になりたいのか、将来は独立したいのか…。

花屋として成長していくためには、勉強すべきことがたくさんあります。ここでは、その方法をご紹介していきましょう。

学校(大学・短期大学、専門学校・養成学校)で学ぶ

農業大学や短期大学の園芸科などでは、植物全般の知識を学ぶことができます。花の育て方や新種開発など、実習・研究も多く取り入れられているようです。フラワーデザインを学べるところもあるので、各大学の特徴をよく調べてみましょう。

また、専門学校や養成学校では大学のように学術的なことを学ぶのではなく、技術やノウハウを中心に教わることになります。全日制の学校から夜間の学校までさまざまで、働きながら学ぶ人もいます。

大学以上に学校によっての特色が出ますので、自分が目指す方向や学びたいことをしっかり考えて選びましょう。

海外留学という選択

フラワーデザインの歴史は日本より欧米のほうがずっと長く、教育制度も整っていると言われます。たとえばドイツでは、花屋になるのには「フローリストマイスター」という資格が必要で、国立の職業訓練校もあります。

オランダやオーストラリア、イギリスなども、職業としての花屋の位置づけが高く、花屋を目指す留学生も多いようです。留学を成功させるには、強い意欲と資金が必要です。でも、本気で学びたいならば、ひとつの選択肢になるでしょう。

現場で働いてこそ身に付くことも多い

花の扱い方やフラワーアレンジメントについて学んだことは、やはり現場で活かせてこそ。また、現場でしか学べないこともたくさんあります。

とにかく早く、花屋の世界に飛び込みたいと思うのであれば、アルバイトとして花屋に勤めるのも良いでしょう。

なかなか頻繁には募集がないですが、花屋の「繁忙期」と言われる母の日やお彼岸、クリスマス、卒業式などの時期には、短期のアルバイトスタッフを募集するお店も多いそうです。

まずは現場で働いてみることで、仕事の大変さや楽しさも実感できるでしょう。