外交官の生活、勤務時間、休日

外交官の勤務時間

外務省の規定では、勤務時間は1日7時間45分です。

勤務開始時間や終了時間は赴任先によって異なりますが、おおむね8時30分ごろより勤務開始となり、17時30分ごろに勤務時間終了となります。

しかし、外交官に限らずどの仕事にも共通していえますが、担当する仕事や視察・出張先によって、定時で帰れないこともあります。

日本と大きな時差がある国に赴任した場合、日本とのテレビ会議を行うために、夜遅くまで残ることもあるようです。

また、外交官の仕事は赴任先の国との友好関係を維持することですから、夕食を交えたパーティーやレセプションに招かれた場合には、必ず出席しなければなりません。

当然、帰宅時間は遅くなりますし、日本より国会議員が視察に来るような際には、大幅に勤務時間が変更になるなどといったこともあります。

万が一、赴任先で大災害やテロ、日本人の行方不明事件などが起こった場合、外交官は真っ先に動かなければなりません。

この場合、勤務時間など関係なく、事件の早期解決に向けて、ときには大使館に泊まり込みで対応します。

また、赴任先と関係の深い国で同様の災害や事件が起こった場合も、その国の日本大使館に出張し、作業にあたるようなこともあるようです。

外交官が日本に戻り外務省に勤務する場合、規定時間は9時15分から18時15分ですが、在外公館での仕事よりも仕事量が多く、定時に帰れないことがほとんどです。

とくに国会が開催されている期間や大きな会議が開かれる前後などは、夜遅くまで仕事をすることになります。

外交官の休日

規定では、土・日・祝日が休日と定められていますが、これも赴任先によります。

とくに祝日は現地の祝日に合わせて休みとなりますが、これも日本の祝日数と同数程度が休日となりますので、現地の祝日が日本よりも多い場合でも、すべて休めることはないようです。

また、土・日・祝日にパーティーやレセプションに招かれた場合は出席しなければなりませんし、日本から政府要人が来る場合には、やはり規定の休日関係なく対応に当たります。

なお、3年以上の長期赴任をする場合は帰国休暇があるほか、環境や衛生状態が厳しい国に赴任する場合には、健康管理休暇というものが取得できます。