映像クリエイターのつらいこと、大変なこと、苦労

不規則な生活が当たり前

映像クリエイターが働く業界では、クライアントと約束した期日までに映像を完成させることが絶対条件です。

テレビコマーシャルは契約によって放送日が指定されていますし、ミュージックビデオやゲームも発売日にあわせて公開日が設定されているので、このスケジュールに合わせて何が何でも納品しなければいけません。

そのため、映像クリエイターの仕事は締め切り直前に激務になることが多いようです。

家に帰ることができないまま職場に何日も泊まり込んで作業をしたり、コンビニで調達したパンやおにぎりを食べながら作業を続けたりすることもあります。

不規則な生活が当たり前の業界なので、体力に自信がある人でないと苦労することになるでしょう。

頭痛や腰痛に悩む人も

映像クリエイターの仕事は、パソコンやテレビの画面を見ながら長時間の作業を続けることが多いため、視力が落ちたり頭が痛くなったりすることがあります。

また、座りっぱなしで作業をすることで腰痛や痔になる人や肩こりに悩まされる人も少なくありません。

職業柄、どうしても長時間同じ姿勢で作業を続ける必要があるので、マッサージやストレッチを上手に取り入れたり休日にはランニングに行ったりするなど、健康を維持する努力をする必要があるでしょう。

生き残りをかけた厳しい競争

映像業界は、常に厳しい競争にさらされています。

テレビコマーシャルでは「視聴率」が、インターネットの動画サイトでは「再生数」や「コメント数」が、ゲームでは「売り上げ」が常に注目されており、結果が芳しくない時にはクライアントから次の契約を打ち切られることもあるのです。

映像クリエイターは自分のセンスだけで勝負できるお洒落でクリエイティブな仕事というイメージをもつ人もいるかもしれません。

しかし、数字で結果を出せなければ次の仕事がもらえないという厳しい状況のなかで働くことも多く、大きなプレッシャーを背負って働いていることを忘れてはいけません。