映像クリエイターの給料・年収・収入

高収入から低収入まで

映像クリエイターの給料や年収は、就職する企業や雇用形態によって大きく左右されます。

一般的には、テレビ局や広告代理店、大手の映像制作会社の正社員として採用されている人はとくに待遇が良く、昇進してチーフになれば年収1000万円以上の高収入になることもあります。

その一方で、いわゆる下請けの仕事が多い小さな映像制作会社で働く場合は待遇が悪いことが多く、正社員ではなくて契約社員やアルバイトなどの非正規雇用者として時給1000円ほどで働くケースもあるようです。

映像業界は資格や学歴がなくても働くことができるぶん、とにかく徹底した実力主義の業界として知られています。

「仕事への適性や熱意を見極めるまでは正規雇用はしない」「昇給は成果に応じて」というケースも珍しくないので、よほど福利厚生の充実している企業へ就職できない限りは最初から良い待遇を期待するのは難しいと思っておいたほうがよいでしょう。

人気や実力が収入に直結

フリーランスで活動している映像クリエイターの場合、収入は完全に出来高制となっています。

映像の仕事を一本引き受けると数万円~数百万円の契約になり、放送するメディアや尺、そして何よりも映像クリエイター自身の知名度や実力によってその金額は大きく変わります。

世界にその名を知られているような映像クリエイターの場合は、当然報酬も高額になります。

一方でまだまだ無名の駆け出しの映像クリエイターの場合、膨大な作業時間に対してわずかな報酬しかもらえないということもあります。

また、アマチュアの映像クリエイターでも、動画サイトで何百万回も再生されるようなヒット映像を作ることができれば、それなりの金額の収入が入ってくることもあります。

とにかく人気や実力が収入に直結する業界なので、映像クリエイターとして生計を立てていくのには相当な力量が必要なのです。