コンサートスタッフになるための学校(大学、専門学校)

大学で学ぶ

コンサートスタッフと呼ばれる職種の中でも、大手の放送局や広告代理店、レコード会社への就職を望む人は、大学卒が採用条件になっていることが多いため、大学で学ぶのがおすすめです。

一般的な大学でも採用条件を満たしますが、専門知識を習得できる大学の方が採用試験で有利だといえるでしょう。

ステージエンジニア全般を目指す場合は、工学系大学の電子工学科、情報通信工学科など。

音響エンジニアなら音楽系大学の音響学科や音楽芸術学科、照明エンジニアなら芸術系大学の舞台演出学科や舞台芸術学科、映像エンジニアなら工学系大学の映像メディア学科や映像技術学科などが合っているでしょう。

ただし、大手企業ではコンサートスタッフの新卒者を定期採用している会社は少なく、欠員が出た場合に募集をかけることがほとんどです。

また、即戦力となる経験者の中途採用を行うことが多いため、新卒者にとっては非常に狭き門だといえるでしょう。

専門学校で学ぶ

大手企業以外の制作会社やプロダクションに就職する場合、学歴は問われないことが多いようです。

中には高卒でアルバイトから始める人もいますが、専門の技術や知識は就職後であっても必ず習得しなければならないため、専門学校で学ぶのが一般的です。

音響エンジニアを目指す場合

音楽系専門学校の音響学科やPAコースなどで、音楽の基礎やサウンドメイキング技術を学びます。

パソコン実習や音響実習もあり、実際にコンサートで使用される機材を操作するスキルを身に付けることができます。

照明エンジニアを目指す場合

芸術系専門学校の舞台芸術学科や照明エンジニアコースなどで、舞台芸術や視覚効果、色彩などについて幅広く学び、照明装置を使いこなせる技術を習得します。

映像エンジニアを目指す場合

芸術系や工学系の専門学校の放送技術科やVEコースなどで、映像や編集の基礎を学ぶとともに、撮影・編集・映像機材操作のスキルを磨きます。