コンサートプロモーターの仕事内容・なり方・年収・資格などを解説

「コンサートプロモーター」とは

コンサートプロモーターの仕事内容・なり方・年収・資格などを解説

コンサートを開催するにあたっての宣伝や販売促進について企画・運営を行う。

コンサートプロモーターは、コンサートを開催するにあたってのプロモーション活動(宣伝、販売促進)などの企画・運営をする仕事です。

芸能プロダクションやレコード会社から依頼を受けて行う「委託興行」であれば、会場確保やスタッフの手配、チケット販売、当日の会場設営や観客誘導・警備、さらには進行管理や撤収などまで幅広く請け負い、裏方としてコンサートを成功に導きます。

おもな就職先はイベント企画・制作会社であり、特別な資格は必要ありませんが、興行の企画・運営は独自の慣習や歴史があるため、地道な下積みが必要となります。

華やかに見える世界とは裏腹に上下関係が厳しいといった一面もあり、新人時代は決して高い給料が望めるわけではありません。

時代とともに変化するさまざまな問題を好転させるアイデアを持ち、業界関係者と良好な関係を築きながら臨機応変に立ち回る力が必要とされます。

「コンサートプロモーター」の仕事紹介

コンサートプロモーターの仕事内容

コンサートの企画・プロモーションを行う

コンサートプロモーターは、コンサートの企画をし、宣伝、販売促進などのプロモーション活動を行ってコンサートの開催を円滑に進めていく仕事です。

コンサートプロモーターが手掛けるコンサートの種類は、芸能プロダクションやレコード会社から依頼を受けて行う「委託興行」と、自らが主催者となる「自主興行」の2種類に分けられます。

「委託興行」の場合、会場の確保やスタッフの手配、プロモーション活動、チケット販売、当日の会場設営や観客誘導・警備、出演者の送迎手配、進行管理などを幅広く請け負います。

「自主興行」は海外アーティストのコンサートや音楽フェスティバルが多くなります。

コンサートプロモーターになるには

学生時代からイベント制作会社などでアルバイトをすると有利に

コンサートプロモーターになる方法としては、専門学校や大学卒業後、イベント企画・制作会社に就職するのが一般的です。

特別な勉強をする必要はありませんが、音楽関係やイベント関係の学科がある専門学校や大学で学ぶ人もいます。

コンサートの専門知識や現場経験が豊富な人材が求められるため、学生時代からコンサート会場やイベント制作会社でアルバイトをすると有利になることがあります。

なかには、卒業後にそのまま関わったイベント制作会社に正社員として採用されケースもあるようです。

アルバイトのコンサートスタッフとして多様な業務を経験し、能力を認められることで企画も任されるようになったり、テレビ業界や音楽業界から転職する人もいます。

コンサートプロモーターの学校・学費

大卒者や音楽系の専門学校卒業者が多い

コンサートプロモーターになるために必ず通わなくてはならない学校はありません。

学歴もさほど重視されませんが、大手企業では就職活動の際に大卒者が有利になることがあります。

一方、音楽系の専門学校では、コンサートプロモーターに関連する勉強ができるところもあります。

このような専門学校のなかには、在学中の研修として現場経験ができるカリキュラムを設けているところもあるため、即戦力として就職して活躍したい人は、そのような学校を探してみるとよいでしょう。

コンサートプロモーターの資格・試験の難易度

資格よりも現場経験が重視される

コンサートプロモーターになるために必要な資格はとくにありません。

この仕事では資格というよりも、コンサートを企画・運営していくための知識や経験が豊富な人が求められています。

そのため、テレビや芸能・音楽業界などで働いて転職を目指したり、コンサート会場のアルバイトスタッフから正社員のコンサートプロモーターになる例も多く見られます。

できるだけ早い段階でコンサートに関連する勉強がしたいのであれば、専門学校などでコンサートの専門知識や制作の流れを学び、イベント会社でのアルバイトをしておくとよいでしょう。

コンサートプロモーターの給料・年収

経験を積むことで給料アップが目指せる

コンサートプロモーターは、基本的にイベント企画・制作会社に勤務して働くため、会社から支払われる給料が収入となります。

正社員として雇用される場合、就職してしばらくのあいだは月収17万円~25万円程度、年収250万円~350万円程度でしょう。

経験が浅いうちは収入の少ない状態が続くこともありますが、実績を重ねて能力を認められると年収は上がります。

定員数万人の「スタジアムクラス(ドームクラス)」の興行を多く請け負うと、高収入を目指せるようになるでしょう。

コンサートプロモーターの現状と将来性・今後の見通し

人間力が高く、周囲を巻き込む力を持つ人材が求められる

音楽業界としてはCDの売り上げが減少している一方で、コンサートやライブ、フェスティバルで音楽を楽しむ人口は増加している現状があります。

時代とともに変化するさまざまな問題を好転させるようなアイデアの持ち主は、多くのイベント企画関連会社で求められています。

また、この仕事では調整事や交渉事が多いため、多数の関係者と円滑なコミュニケーションができる人材のところに仕事が舞い込みやすいという特徴があります。

フットワーク軽く、周囲を巻き込んで自分からどんどん行動を起こせるタイプの人は、コンサートプロモーターとして幅広く活躍できるチャンスが掴めるでしょう。

コンサートプロモーターの就職先・活躍の場

イベント企画・運営会社が中心

コンサートプロモーターのおもな就職先は、イベント企画・運営会社です。

このほか、芸能プロダクション、音楽プロダクション、コンサートホールやライブハウスなどの音楽施設、レコード会社、広告代理店などで活躍している人もいます。

ほとんどのコンサートプロモーターが、こうした企業に就職して働いていますが、コンサート自体は全国各地のコンサート会場で行われるため、場合によっては自分自身も全国を飛び回る生活になることもあります。

コンサートプロモーターの1日

コンサートの内容や抱えている業務によって動きは変わる

コンサートプロモーターの仕事では、コンサートに向けての準備をしている時期と、コンサート当日でまったく異なる1日となります。

また、同じ準備期間でも日によって動き方は異なり、ルーティンワークが少ない仕事だといえるでしょう。

ここでは、イベント企画会社で働くコンサートプロモーターの、コンサート当日のある1日のスケジュールを紹介します。

09:00 現場入り
コンサート会場へ入り、当日の流れを再度確認します

10:00 スタッフ会場入り
関係者が次々と集まります。

10:30 機材搬入
機材搬入がスムーズに進んでいるかチェック。

12:00 打ち合わせ、
関係者と公演内容について打ち合わせ。

13:00 出演者会場入り
挨拶をして場を和ませます。

14:00 小休憩
手が空いている時間を見計らい、ほんのわずかの休憩をとります。

14:30 確認事項
終演後の撤収や移動の段取りを最終確認。

15:30 グッズ販売状況チェック
グッズ販売が順調に進んでいるかを確認。

18:30 開場
お客さまが次々とやってきます。

19:00 開演
急なトラブルが発生しないか慎重に見守ります。

21:00 終演
すぐに機材を搬出し、撤収作業に取り掛かります。

22:30 業務終了
長い1日が終わりました。日によっては関係者と打ち上げに参加することも。

コンサートプロモーターのやりがい、楽しさ

ひとつのイベントを作り上げる感動と興奮

コンサートプロモーターは、ひとつのコンサートを無事にやり遂げるために、企画から準備、プロモーション、運営など幅広い業務に関わっていきます。

関係者との交渉事や調整事も多く、気苦労は計り知れませんが、だからこそ腕のいいコンサートプロモーターはたくさんの人から信頼されます。

自分の力でコンサートを形づくることができ、無事にイベントが成功したときには、毎回新しい感動と興奮を味わえます。

変化に富んだ仕事であるため刺激も多く、飽きることなく働き続けられることもコンサートプロモーターのやりがいだといえます。

コンサートプロモーターのつらいこと、大変なこと

一つのミスで多くの人に迷惑をかけてしまうことも

コンサートは、数多くの関係者の力を結集することで作られていきます。

そのなかでコンサートプロモーターは、状況を瞬時に判断し、臨機応変に行動する力が求められます。

スケジュールの調整や交渉なども主体的に行うことになり、自分の判断によって多くの関係者が動くことになるため、もし何かちょっとしたミスがあれば現場は大騒ぎになってしまう可能性があります。

多忙な日々のなかで、つねにプレッシャーを抱えながら仕事をしなくてはならないのが、コンサートプロモーターの大変な一面だといえます。

コンサートプロモーターに向いている人・適性