コラムニストのやりがい、魅力

好きなことを仕事にできる

コラムニストを志す人は、基本的に文章を読むことも書くことも好きであるでしょう。

とにかくたくさんのコラムを執筆しますから、好きなことを仕事にできる点は非常に魅力的といえます。

また、出版社などの意向や読者ターゲットなどを考慮することも重要ですが、なにをどのように書くかという執筆対象については、得意分野を専門的に深めることができますから、その点は楽しみのひとつであると考えられます。

趣味と仕事は別という人が多いなかで、仕事が趣味といえるような夢のある職業に就くことができるコラムニストは、非常に恵まれているといえるでしょう。

自由度が高い

新聞社に勤務する新聞記者や出版社の社員である編集者がコラムを執筆することもありますが、一般的にはフリーランスで活躍する人のことをコラムニストという場合が多いかもしれません。

原稿を依頼してくれる出版社などが存在しないと仕事になりませんが、どのような仕事を選ぶか、あるいは仕事量、仕事の時間、仕事をする場所などは基本的にコラムニストの自由です。

決まった時間に決まった会社へ出勤する、一般的なサラリーマンと比べると、日常的な仕事環境において自由度が非常に高いと考えられます。

主婦業のかたわら副業的に活躍する女性コラムニストや地方で暮らしながら都市にある出版社などの仕事を請け負うコラムニストなどもいます。

こうした自由度の高さはさまざまなコラムニストが魅力を感じる点であると考えられます。

認められると仕事が増える

好きなことを自由な環境でできるとはいっても、もちろん仕事ですから、安定した収入を得るためにはしっかり努力する必要があります。

文章力の向上に努め、どのようなコラムが求められているのか、執筆対象や読者ターゲットの研究は欠かせません。

そういった努力が編集者や読者に認められ、コラムの評判が良ければ、人気のコラムニストとなり、さらに原稿を依頼されるようになります。実績を重ねると、仕事量も増え、原稿料も上がります。

編集者や多くの読者に喜ばれるうえに、評価されるという充実感もあじわうことができ、さらに仕事が増え、収入につながるのです。

コラムニストは仕事をすればするほどやりがいを感じる職業であるといえるでしょう。