貿易事務に向いている人、適性

グローバルビジネスに面白味を感じる人

貿易事務を行う中では、営業のように直接交渉を行うといったことはほとんどありませんが、メールなどを通して取引先の外国人やフォワーダーなどの関係会社と連絡をとり、貿易がスムーズに行われるようにさまざまな点に配慮しながら調整しなければなりません。

ですから、海外にある程度の興味があり、英語を使った仕事へのモチベーションが高い人に向いている職業といえます。

海外企業と日本企業では文化的な背景やビジネス慣習が異なることから、予期せぬトラブルになるケースもあります。

そのため、貿易事務としても、日本企業との違いを認識しながら、認識にズレが生じていないか確認しながら進めるなど、国際的なビジネスコミュニケーション力が求められます。

また予期せぬ悪天候のため、急遽船便が遅れるなど、突然のトラブルに対応しなければならないことがあります。

それらグローバルビジネスならではの業務に面白味を感じ、柔軟に対応することのできる人が向いているでしょう。

ルーティーンワークが苦にならない

貿易事務は、毎日が決まったルーティンワークの繰り返しです。

新規の取引先が増えたとしても、仕事内容に変化はありません。その中で、日々の仕事をきっちりこなしていくことにやりがいを感じられる人に向いている職業でしょう。

逆に言えば、同じことを長期間繰り返すのが苦手な人には向いていないかもしれません。

調整を円滑に進められる

職場や経験年数によっては、見積書や請求書の作成、受発注書類の作成、データ入力、伝票処理などの定型業務の他に、国内の輸送業者の手配や倉庫の確保、国内工場や販売代理店との出荷・納期調整など、関係先との調整業務を任される場合があります。

調整業務を滞りなく進めるためには、関係各所に状況を明確に伝えられる説明能力が不可欠です。

また、必要であれば何かを頼み込んだり、自分が悪くなくても謝ったりと、柔軟なコミュニケーション能力が求められます。

こういったやりとりが苦手な人だと、任される仕事の種類が限られる可能性があります。

事務処理能力が高く、マルチタスクを正確にこなせる

貿易事務の仕事は、ルーティーンに沿って各所とコミュニケーションをとり、書類を作成し、輸出入に関わる手続きを進めていきます。

複数の取引先をひとりで担当する場合は、企業ごとに異なる手続きを同時に行う場面も出てくるかもしれません。

また、見積書や伝票の作成など、大きな金額が動く書類の作成ではミスは許されませんし、税関手続きで少しでも記載に誤りがあると、スケジュールに影響が出て取引先に迷惑がかかります。

こういったマルチタスクをミスなく正確にこなせる慎重さを持った人が、貿易事務の仕事には向いています。

うっかりミスが多い、忘れっぽい人には、少し難易度が高い仕事かもしれません。

書類に間違いがないように細心の注意を払って行う必要がありますが、非常にストレスのかかる作業であるため、そういった細やかな作業が得意な人が求められます。

外国語での読み書きスキルがある人

輸出入関連の書類には英語を読んだり、英語で記載する必要があるものも多く、また取引先や関係機関の海外の企業と英語でメールのやり取りを行うことも日常的に多くなります。

担当する業務によっては、海外企業の担当者に電話で連絡するということはありますが、基本的には英語での読み書きスキルが求められます。

最近ではアジア各国とのビジネスも増加しているため、中国語など多言語スキルをもっていると優位なケースも多いでしょう。