造園施工管理技士の1級と2級の違い

国家資格である造園施工管理技士の資格には「1級」と「2級」の2種類が存在します。

ここでは、それぞれの違いについて見ていきましょう。

役割の違い

1級は、特定建設業および一般建設業の許可基準のひとつである営業へに置くことが求められる「監理技術者」と「主任技術者」になることができます。

また、大規模工事を扱うことができるのが特徴です。

2級は、一般建設業の許可基準のひとつである営業所ごとに置く「専任の技術者」と建設工事の現場に置く「主任技術者」になることができます。

また、小規模な工事を扱うことができます。

つまり、1級を持っている人のほうが、より幅広い役割を担うことができるということになります。

実際の現場では、1級造園施工管理技士はスタッフを率いていく指導監督的な立場に就き、2級造園施工管理技士は応用能力のある技術者として仕事をすることが一般的です。

受験資格の違い

造園施工管理技士の国家試験には受験資格があり、学歴と実務経験から成る条件をクリアしなくてはなりません。

受験資格は、同条件であれば1級のほうが厳しく設定されています。

たとえば大学の指定学科を卒業している場合、2級では「1年以上」の実務経験が求められますが、1級では「3年以上(指導監督的実務経験1年以上を含む)」の実務経験が必要となります。

その他の違い

建設業界では、企業が公共工事を元請として受注する場合に、技術力を評価する目的として「経営事項審査」というものを受ける必要があります。

経営事項審査においては、自社の従業員が造園施工管理技士の資格を持っていることで技術評価が上がり、公共工事の入札で有利になります。

この評価ポイントは、2級は2点、1級では5点となっており、1級のほうが高くなっています。

また、会社によっては有資格者に対して「資格手当」が支給されており、その金額は2級よりも1級のほうが高く設定されていることが多いです。