テストエンジニアの仕事とは? わかりやすく仕事内容を紹介

テストエンジニアの仕事とは

テストエンジニアは、製品やシステムが意図した通りに動作することを確認するのが仕事です。

また、使いやすさや処理のスピードなど、使ってみた感想から改善点があればフィードバックもします。

テストエンジニアはものづくりを行うメーカーや、IT業界で働くのが一般的です。

特定業界の製品テストを専門とする企業に属するエンジニアもいます。

IoTの発達やさまざまなテスト用プログラム作成の必要性から、どの分野のテストエンジニアでもITに関する知識の重要度が高まっています。

テストエンジニアは製品の品質を確認し、改善につなげる役割を担います。

そのため、企業の顧客満足度へ与える影響も大きい仕事です。

若手のエンジニアも多いですが、専門化して技術を磨いた熟練のエンジニアも数多く活躍しています。

テストエンジニアの業務の内容

テスト設計

テスト設計は、対象製品の仕様書や設計書の情報から、製品の品質管理に必要なテスト項目を設計します。

さまざまなテストに関する専門知識と経験が必要なため、ベテランのテストエンジニアが担当することが多いです。

設計では、テストの目的や範囲、スケジュール、試行回数、人員配置、合格ライン、評価の優先順位などを細かく決定します。

設計によってテスト効率や、テストの正確性が変わるため、重要な業務です。

テストの実施

テストの実施では、設計されたテスト項目を一つ一つ行って、結果を記録します。

テストには、ある特定の対象をテストする「単体テスト」、複数対象を組み合わせたときの動作を確認する「結合テスト」、完成品が要件の機能や性能を満たすかを確認する「システムテスト」などの種類があります。

これら一連のテストの実施を担当する人は、「テスター」と呼ばれることもあります。

テスト結果のフィードバック

フィードバックでは、開発・製造部門に向けて、テストの実施結果と、修正や改良の参考情報を報告します。

IT業界ではテストを行いながら、実際に修正やフィードバックを担当する人を「デバッガー」と呼ぶこともあります。

フィードバックの結果は製品の改良やバージョンアップ、製造ラインの見直しに重要です。

そのため、テストエンジニアの適切なフィードバックが企業の生産性向上や品質管理に欠かせません。

テストエンジニアの役割

テストエンジニアは企業の製品の品質管理のベースになる重要な役割を担い、顧客の満足度に大きく影響する仕事です。

さまざまな製品が問題なく動作するために、縁の下の力持ちとして支える重要な役割を担っています。

また、ソフトウェアやゲームなどの開発において、テストエンジニアは製品の品質だけでなく、開発速度に与える影響も大きいです。

そして、作業用機械や自動車などでは、製品のユーザーを危険にさらすことがないよう、特に注意深く徹底したテストを行うことが求められます。

こうした重要な役割を担うため、テストの実施は若手が担当するとしても、設計や管理は熟練者が行うのが一般的です。

テストエンジニアの勤務先の種類

メーカー

携帯電話やカメラ、半導体などの電子機器を製造するメーカーでは、自社で製品の検証テストを行う企業も多いです。

この場合、基本的な勤務時間や待遇は企業の平均に準じます。

メーカーの製品の種類や要求品質によって求められるテストの知識が異なるため、現場で学ぶ知識・技術が多いのが特徴です。

IT関連企業

ソフトウェアメーカーやWebアプリ、Webサービス、ゲームなどの開発を行うIT企業では、開発したプログラムやソフト、システムの動作検証を担います。

「バグ」と呼ばれるプログラムのミスや処理における異常を見つけ、修正するのが主な仕事です。

サービス公開を早めるために、重要度の低いバグはアップデートの際に対応するケースが多く、バグの重要度の判断も必要です。

テスト専門の企業

特定の業界や分野に特化し、外部の企業からの委託を受けてテストを専門的に実施する企業もあります。

こうした企業では、高度な技術や装置による精密なテストが行われることが多く、それに伴ってテストに関する高度な知識が必要です。

テストを実施し、品質を保証した製品に問題があれば企業の信用に関わるため、堅実な仕事が求められます。

テストエンジニアの仕事の流れ

テスト設計

対象とする製品の仕様書や設計書の情報から、製品の品質管理のために必要なテスト項目を設計します。

テストの目的や範囲、スケジュールや、試行回数、人員配置、合格ライン、評価の優先順位などを細かく決定し、資料に落とし込みます。

設計ではテストの正当性を示すため、論理的な裏付けや検証が必要な場合もあるため、熟練者が主に行います。

テストの実施

生産の各段階で予定されているテスト項目を順次行い、結果を記録します。

予定されたスケジュールに合わせてテストのための環境の準備や、テストの実施を行う必要があるため、計画性やが重要です。

テストの実施中に予期せぬトラブルが生じることも多く、とっさの対応力も求められます。

テスト結果のフィードバック

テストの結果を資料として作成し、開発・製造部門にフィードバックします。

IT業界では情報をフィードバックするだけでなく、実際にプログラムの修正をテストエンジニアが行う場合も多いです。

テストのリスケジューリング

製品開発の場合、テストで問題が発見され、改良を行った場合は、改良した製品を再度テストします。

すると、新しくテストの設計を行うためにスケジュールを調整する必要が生じます。

全体のスケジュールや他案件に遅れが生じないよう、関係各所との調整を行うことも少なくありません。

製品・サービスのリリース

テストで大きな問題が発生せず、製品やサービスが無事にリリースされれば、ひとつのプロジェクトが終了します。

テストエンジニアと関連した職業

テストエンジニアとQAエンジニア

製造業では、テストエンジニアはしばしば「QA(品質保証)エンジニア」と呼ばれます。

QAエンジニアは、テストを設計できるなど、高度な知識をもっているテストエンジニアを指す場合が多いです。

テストエンジニアとテスター

製品やサービスのテストの実施を担当するテストエンジニアを指して「テスター」と呼ぶことがあります。

テスターは設計にはほとんど携わらず、テストエンジニアの指示に従って業務を行います。

テストエンジニアとデバッガーの違い

IT業界では、テストエンジニアはしばしば「デバッガー」と呼ばれます。

デバッガーは、製品のバグを発見・報告し、可能なら修正方法の提案や修正実施まで行います。