女性のテストエンジニアのキャリアパス・結婚後の生活

女性のテストエンジニアの現状

女性のテストエンジニアもたくさんいますが、男性と比較すると決して多くはありません。

しかし、業務内容が近い製造業の品質管理部門で活躍する女性は多いため、今後は増加する可能性があります。

ITを中心にさまざまな分野で女性エンジニアが増えつつあることも、増加を後押ししていくでしょう。

テストエンジニアは女性であることで業務上不利になることが少なく、業務経験も問わない場合が多いです。

また、男性とは違う観点や行動特性を持つため、女性を採用することでテスターの人員構成に幅を持たせることができます。

こうした理由から、テスト専門の会社を中心に、経験者・未経験者を問わず女性を採用する理由は十分であり、市場では一定のニーズがあります。

女性のテストエンジニアの強み・弱み

女性のテストエンジニアに特別な弱みはありません。

ゲーム業界のテストプレイやデバッグ作業では短期間に膨大な作業を行うこともあります。

職場によっては体力的に男性と比べて不利となることもありますが、特殊なケースであるため過度な心配は不要です。

テスト業務ではさまざまな視点や発想が求められることがあり、男性と違った発想や行動ができることで、未知の問題の発見に貢献できることがあります。

また女性ならではの直感力がバグの発見に繋がることも少なくありません。

直感力に加え、経験を増やしていくことで、テストエンジニアとしての大きな強みを得られることもあります。

女性は男性と比較して、品質にこだわりを持ち、几帳面な人が多いことも、強みになることもあるでしょう。

テストエンジニアの結婚後の働き方・雇用形態

テストエンジニアは勤務時間が定時から大きく外れることが少なく、また突発的な残業なども多くないため、結婚によって働き方が変わることは少ないです。

勤務地の関係で雇用形態を変えなくてはならないケースもありますが、IT系のテストエンジニアでは在宅でも働ける環境が整備されつつあり、以前よりも働きやすくなったといえます。

そのため、結婚後もキャリアウーマンとして働き続ける女性も増えています。

テストで必要になる技術や知識はケースによりさまざまで、出産や育児などに伴う一時的な休職が決定的な不利になることはそれほどありません。

育児休暇などの制度も整備された企業が多くなってはいるものの、後を任せられる人材が育っておらず長期休暇は取りにくいため、仕事を通して人材を育成することも大切です。

テストエンジニアは女性が一生働ける仕事?

テストエンジニアは男女差がほとんどなく、休職によるブランクが大きな差にならないため、女性にとっても働きやすい環境といえます。

専門性をしっかり磨いていれば、常に人材としての需要もあるため、正社員としてずっと続けて働くことも可能です。

経験を積めば、フリーランスとして場所を問わず仕事を続けることができるので、定年に縛られず比較的自由に働くことができます。

また、スキルに自信がなくとも、収入や仕事内容にそれほどこだわりがなければ、単純なテストを中心にした仕事を選ぶこともできます。

ただし、技術革新によって仕事のあり方や、求められるスキルが変わる可能性が高く、スキルアップの方向性に注意が必要です。