視能訓練士になるための学校と学費(大学・専門学校)

視能訓練士になるための学校の種類

視能訓練士になるためには国家資格を受験して合格する必要がありますが、その資格試験の受験資格として特定の学校で履修する必要があります。

公益社団法人日本視能訓練士協会のホームページでは、以下の道のりが提示されています。

1.視能訓練士養成所を卒業
2.短大卒以上で、視能訓練士養成所(1年以上)に修業
3.外国の視能訓練士の学校を卒業

いずれに道のりにしても、最低でも1年間は「視能訓練士養成所」で学ぶ必要があることがわかります。

もちろん、その前段階として高校を卒業しておく必要があることは言うまでもありません。

高校卒業から視能訓練士として働くまでには以下のプロセスを経ることになります。

高校卒業
 ↓
1.視能訓練士養成所を卒業
2.短大卒以上で、視能訓練士養成所(1年以上)に修業
3.外国の視能訓練士の学校を卒業
 ↓
国家試験
 ↓
視能訓練士
 ↓
大学病院・国公立病院・眼科医院へ

視能訓練士になるには・どんな資格が必要?

視能訓練士になるための大学

視能訓練士になるための受験資格を有するためには、高校卒業後に最低でも1年間は視能訓練士養成所で学ぶ必要があります。

1年制の視能訓練士養成所の場合は、最低でも2年間は大学や短大で学ぶ必要がありますが、必修科目が規定されています。
・外国語
心理学
・保健体育
生物学
物理学
数学統計学を含む)

加えて以下の科目のうち、2科目以上を履修していなければなりません。
教育学
・倫理学
・精神衛生
・社会福祉
・保育

大卒の学歴を取得したい場合には「視能訓練士養成課程」を置いている4年制大学もあるので、人によってはそういった学校を探すという選択肢もあります。

いずれにしても、一般的な大学から視能訓練士を目指すためには、受験資格を満たすための必修科目の履修を忘れないようにしてください。

視能訓練士になるための専門学校

視能訓練士になるためには、視能訓練士の養成校に最低1年または3年間通う必要があります。

一般的な道のりは「大学で2年間→養成校で1年間」または「高校卒業→養成校で3年間」の2通りがあります。

厚生労働省が認可していなければ視能訓練士養成機関は名乗れないので、カリキュラムは基本的に全国どこの養成校でも同じ内容です。

実習は大きく分けて「学内実習」と「学外実習(臨床実習)」の2つがあり、学内実習は主に生物学(生態学)を理解するための実習、学外実習は実際の医療現場にて患者さんと接しながら職業体験を行います。

国家試験の内容は全て習うことができますので、資格予備校などに通う必要はありません。

どの視能訓練士も必ず通る道のりでもありますので、「視能訓練士になる!」というモチベーションを高めることもできます。

独学で視能訓練士になれる?

視能訓練士の知識は座学で得られる知識のみではなく、実際の医療現場での臨床実習も必要となります。

これは独学では得難い知識と経験になりますので、独学で視能訓練士を目指すことは極めて難しいと言えます。

そもそも視能訓練士は国家資格であり、受験資格には指定の養成校で学ぶ必要があるので、独学では受験資格を得られません。

必要な履修科目を修めていれば一般的な大学から視能訓練士の養成校に行くこともできますので、独学はあくまでも知識を深めるために行うとして、視能訓練士を目指すのであれば最低でも1年は養成校にて学ぶことを将来設計に組み入れておく必要があります。

また、大学や養成校で学ぶ必要のある内容についていけない部分がある場合には、放課後の時間を利用して集中的に克服しておく必要もあるでしょう。

視能訓練士になるための留学

一般的な視能訓練士の道のりは国内の教育機関で完結するのですが、視能訓練士協会によれば海外の教育機関で学んだ人も日本の視能訓練士の受験資格を得られます。

厚生労働省では、以下の5つの認定基準をすべて満たしたうえで認定を受ければ、視能訓練士の受験資格を得られます。

①外国視能訓練士学校養成所の修業年数
ア)外国視能訓練士学校養成所の入学資格 :高等学校卒業以上(修業年限12年以上)
イ)外国視能訓練士学校養成所の修業年限:3年以上(ただし、外国視能訓練士学校養成所入学の際に考慮された前学校養成所の修業年数も含むことができる)
②教育科目の履修時間:授業時間の合計が1440時間以上で、 視能訓練士学校養成所指定規則等に規定する専門科目の単位数又は時間数を概ね満たすこと
③教育環境:日本の視能訓練士学校養成所と同等以上と認められること
④外国視能訓練士学校養成所卒業後、当該国の視能訓練士免許取得の有無:取得していなくともよい
⑤日本語能力:日本の中学校及び高等学校を卒業していない者については、日本語能力試験N1の認定を受けていること

出典:厚生労働省 視能訓練士国家試験受験資格の認定について 3、認定基準

認定を受けるためには書類にて申請を行う必要があり、毎年4月から受付開始、8月末に申請が締め切られますので注意してください。

書類審査はその年の9~10月頃に行われ、認定書の交付または認定不可の通知交付は11月頃に行われます。

なお、認定書が交付されただけでは「受験資格を得た」だけであり、別途、視能訓練士の国家試験の受験手続が必要になりますので注意が必要です。

視能訓練士の学校選びのポイントは?

視能訓練士の養成校は、2019年4月時点で全国に28校あります。

前述のとおり国家資格のカリキュラムであるため、講義内容はどの養成校でも変わることはありません。

ただし、「学費」や「校風」などは、養成校ごとに大きく異なります。

これらの情報は各養成校のホームページで確認することができますので、学校選びの際には念入りに調べて参考にしましょう。

また、養成校によっては「夜間」のコースも用意されています。

昼間は働きながら夜は養成校に通うといった選択肢もありますので、こちらについても各養成校のホームページで確認しておきましょう。

安易に「自宅から近いから」「○○県に住んでみたいから」という理由で選ぶのではなく、各養成校の特色をしっかりと把握したうえで学校選びをしてください。