公認心理師のやりがい、魅力

人の変化を目の当たりにできる

公認心理師にとって最もやりがいと感じるのは、自分の助言や援助によって、依頼者が少しずつ良い方向に変化していくときだといえます。

依頼者が抱える心の問題はさまざまで、簡単には言葉にできないほど複雑なものもあります。

すぐに改善につながらないこともありますが、一人ひとりにどうアプローチすればよいのかを自分なりに考え、実践することで、少しずつ改善が見られたときには、やはり達成感が得られるものです。

最終的に依頼者が自分の手助けを必要としなくなり、笑顔で「ありがとう」と言ってくれたときには、安堵感やうれしい気持ちがわきおこります。

活躍のフィールドが広い

公認心理師は、「医療」「教育」「産業」「福祉」「司法」の各領域で活躍が期待される仕事です。

子どもからお年寄りまで、あらゆる状況や立場に置かれた人と接し、人々が抱える心の問題に心理的技法を用いながらアプローチします。

不安や悩みというのは、人が生きていくうえで必ずつきまってくる問題です。

言ってしまえば、公認心理師は人間が活動するあらゆる場所において需要がある仕事といえるでしょう。

自分の興味がある領域で専門性を磨くことができ、プロフェッショナルとして多くの人を助けることができます。

社会的な評価が得られやすい

公認心理師という国家資格の誕生は、心理カウンセリングの仕事がしたいと考える人にとって、大きな魅力であるといえるでしょう。

それまで、心理系の資格はいくつもの民間資格が乱立している状態であり、どれだけ資格を持っていても、なかなか自分の実力や保有知識・スキルを示すことが難しい一面がありました。

しかしながら、国によって認められる公認心理師の資格ができたことで、公認心理師の資格を持っている人は一定レベルの知識や技術があることを証明でき、社会的な評価も得られやすくなったといえます。

今後は、就職・転職の際にも公認心理師が優先的に採用されるケースが増えたり、給料や待遇面も優遇されることが想定されます。

また、公認心理師の資格は生涯にわたって有効なものであるため、その資格を生かして活躍していきたい人には強みになるといえるでしょう。