環境計量士の志望動機、面接

おもな志望動機

環境計量士を目指す人の志望動機としてよくあるのは、やはり環境問題に関心があり、何らかの形で環境を守る仕事に携わりたいというものです。

環境に関わる仕事はたくさんありますが、環境計量士は環境調査や分析といった業務をおもに担当するため、身の回りの水質や大気、土壌などがどのような状態にあるのか自分の頭で判断することができます。

さまざまな性質を数値化し、評価していくことに興味がある人にとっては、とてもやりがいを感じられる仕事になるでしょう。

また、環境計量士という国家資格をもって働くことができ、専門的な知識や技術を生かしながら社会を支えていくことができる点に魅力を感じ、この仕事を志している人は多いようです。

志望動機の考え方

環境問題の多様化、環境分析ニーズの高まりとともに、環境分析を行う人材を求める企業は増えています。

環境計量士という仕事に対する思いを伝えることはもちろんですが、たくさんの会社があるなかで「なぜこの会社を志望するのか」についても、きちんと答えられるようにしておきたいものです。

面接のポイント

環境計量士の面接では、学校を出たばかりの人であれば、これまでに学んできたことや力を入れて取り組んできたことについて確認されるでしょう。

たいていの人は、大学などで化学や環境に関する勉強をして、この仕事に就いているため、過去の学びを業務にどう生かして貢献していきたいのかといった熱意を伝えることは重要です。

また、なぜ環境分析の仕事に携わりたいと考えたのかという志望動機や、入社後にどのような仕事をしていきたいのかといった将来の目標について問われることが多いでしょう。

なお、会社によっては、環境計量士は社内にこもって分析を行うだけでなく、調査のためにさまざまな現場へ出かけることもあるため、そういった業務内容に対して前向きであるかどうかといったことを問われることもあるようです。