管工事施工管理技士の1級と2級の違い

基本的な仕事内容は同じ

管工事施工管理技士の資格は「1級」と「2級」の2種類があります。

どちらも基本的な仕事内容としては、管工事現場の施工計画の立案、安全管理、工程管理、品質管理といった施工管理全般に携わることで、現場の責任者としての役割を担っていきます。

ただし、いくつかの違いがありますので、ここからはそれについて見ていきましょう。

受験資格の違い

管工事施工管理技士試験には受験資格があり、1級も2級も学歴に応じた実務経験が必要とされます。

それぞれ同じ学歴であっても、必要な実務経験の期間が異なることが両者の違いのひとつです。

たとえば、大学の指定学部を卒業している場合、2級であれば1年以上の実務経験が必要になりますが、1級では3年以上の実務経験が求められます。

このほかにも同じ学歴であれば、1級のほうがより多くの年数の実務経験が必要になります。

業務領域の違い

建設業法に基づき、管工事の現場や、大規模工事に携わる特定建設業の営業所には「専任技術者」を置くことが義務付けられています。

1級取得者は、この特定建設業あるいは一般建設業において、専任技術者になることができ、さら建設工事における「主任技術者」と「監理技術者」の役割を務めることができます。

一方、2級取得者は、一般建設業における「専任技術者」と「主任技術者」を務めることができます。

1級取得者のほうが業務領域が広くなっていることが、両者の大きな違いです。

評価や待遇面での違い

公共工事を手掛ける建設系の各企業では「経営事項審査」というものが行われており、従業員で管工事施工管理技士の資格を持っている人が多ければ多いほど、その会社は技術力があるとみなされ評価されます。

とくに2級よりも1級を持っている人のほうが高く評価されます。

したがって、企業は有資格者をできるだけ集めたいと考えており、就職や転職の応募資格として1級または2級の管工事施工管理技士を持っていることを掲げる企業も多くあります。

また、社内でも有資格者には資格手当を支給するなど、より良い待遇を用意している会社が多いようです。