エステティシャンの就職先と仕事内容の違い

エステティシャンの勤務先・働き方の種類

エステティシャンの勤務先としては、エステサロンがあげられます。

全国に展開しているような大手サロンから、個人経営の小規模サロンまでさまざまな種類や特徴があります。

その他にホテルや美容室、リラクゼーションサロン、化粧品会社などのメーカーでも勤務しています。

基本的に必要とされる知識や技術は同様ですが、勤務先によってお客さまの来店目的や提供するサービス内容は少しずつ異なります。

エステサロンに長年勤めてスキルアップしていく人がいる一方、ある程度のレベルに達したら自分で独立しサロンを開業する人も少なくありません。

エステティシャンの仕事内容

エステサロンなどの独立店舗で働くエステティシャン

エステティシャンの多くは、エステティックサロンやリラクゼーションサロンで働いています。

美容系の大手企業が経営するチェーン店舗から、個人経営の小規模サロンまで店舗の規模はさまざまです。

大手の場合、会社自体が倒産する心配はあまりありませんが、営業に力を入れている企業も多く、個々のエステティシャンにノルマが課せられていることや、ビラ配りや紹介による営業があるところもあります。

一方、個人経営の場合はアットホームな雰囲気で働きやすい一方、経営者の一存でさまざまな方針や機材導入が決まるため、経営者やスタッフ同士の考え方が合わないと続けるのが難しいという一面もあります。

いずれの場合も、たくさんのお客さまと関わりを持つことになるため、大勢の指名客を付けることができれば、将来独立するときに大きな助けとなります。

ホテル・旅館・ブライダルサロンなどの施設で働くエステティシャン

ホテルや旅館などでエステコーナーや、ブライダル専門のサロンなど特定の利用客を施術する場で働くエステティシャンもいます。

ホテルの場合、自社に「エステ部門」を置いており、自前で雇ったエステティシャンが働くこともありますが、大手サロンを経営する企業がテナントとして入っていることもあります。

こうした施設で働く場合、独立店舗で行うような定期的な施術ではなく、その1回限りのリラクゼーションを目的にした施術ニーズが高いことが特徴です。

化粧品などのメーカーで働くエステティシャン

化粧品メーカーに勤め、デパート内のブースでのマッサージ等を行う人もいます。

ここでは施術のほかカウンセリング業務も重点的に行いつつ、化粧品など自社製品の販売につなげる役目まで担うことが多く、商品知識やコミュニケーション能力が問われます。

独立・開業するエステティシャン

長くエステティシャンとして経験を積むと、技術やノウハウを武器に、自らサロンを開業する人もいます。

エステティシャンはマンションの一室や自宅の一室を改造するなど、ベッドさえ置くスペースがあればどこでも開業することが可能です。

そのため他の職業と比べると、比較的開業へのハードルは低いといえるでしょう。

しかし、乱立するエステサロンで信頼と結果を勝ち取ることは非常に難しく、経営が立ち行かなくなり廃業してしまう方も少なくありません。

ただし、軌道に乗せることができれば大きな収入を得ることができますし、何よりも自分のペースでやりたい施術を行うことができるため、「自分のサロンを持つ」ということを目標としているエステティシャンも数多くいます。