回答者:みみりんさん(女性/36歳)

職業名:販売職 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:13年

仕事内容
神奈川県内に数店舗ある会社でしたので、異動などもあり数か所で勤務しました。

横浜、川崎などです。

勤務先店舗の規模としては各店舗、5人から15人くらいのスタッフが在籍していました。

会社全体の規模でいえば500名以上くらいです。

主な仕事内容は、婦人靴(革製品)や鞄の販売です。

最初は販売職のみでしたが、経験を重ねることで役職につきましたので、販売職に加え、経理や売上管理、顧客管理、スタッフ育成・指導やアルバイトスタッフの採用など、多くの仕事を経験しました。

この仕事を始めたいと思ったきっかけは、まず靴が好きだったことです。

洋服はひとりで選べるけれど、靴は専門知識がある人から買いたいと考えており、好きな靴の勉強できるのでやりたいと思って正社員として勤務していました。
仕事のやりがい
販売職だけに取りくんでいた最初のころは、お客さまに自分のことを覚えてもらって、私から買いたいと言って下さるお客さまができることにやりがいを感じていました。

また、個人売上があったのでそこで一番になることにも、やりがいを感じました。

店長などの役職についてからは、スタッフができるように成長していく姿や、お店の売上があがっていくことに、とてもやりがいを感じました。
覚悟しておいた方がいいこと
土日や祝日、お盆やお正月など、みんなが休むときが働かなくてはいけないところなので、違う職種の人と休みが合いません。

また、営業時間が遅いので、閉店後に少し残業すると帰りが23時くらいになっていまうこともあります。

きれいに見える仕事ですが、商品の梱包の開け閉めなどで手がボロボロになりますし、爪もずぐ折れます。

力仕事も結構多いです。
給料・待遇
給与の手取りは20万円前後です。

20代から30代前半の間、仕事をしていましたが、数万円しか増えなかったです。

平社員のころは残業代がついていましたが、役職がつくと役職手当が数万円(5万~10万くらいで店舗の大きさによって違います)つき、その分残業代は1円たりとも出ません。

勤続年数13年で年収は額面で400万くらいでしたが、手取りは300万円程度でした。
この職業の恋愛・結婚事情
とにかく休みが違う業種のひとと合いにくいので、理解がある相手でないとなかなかうまくいかないケースが多いように感じました。

うちの会社に限ってだと思いますが、役職のついているわりと年齢高めの女性スタッフは独身か、結婚後に戻ってきている方が多かったです。

ただ、同じ会社内で結婚する方々も多かったです。

結婚後、子どもができると女性スタッフは辞めるスタッフがほとんどでした。

出産後も働いているスタッフは、社員からアルバイトに雇用変更などしているスタッフが多く、独身時代のような働き方をしているスタッフはほとんどいませんでした。

私自身も出産を機に退社しました。
この職業を目指す人へのメッセージ
とてもやりがいはある仕事です。

ファッションが好きなかた、とくに靴は勉強することがとてもたくさんありますので、おもしろいです。

接客なので精神面で疲れることもありますし体力も使う仕事ですが、私自身はもう一度20代に戻って仕事を選ぶことになってもやりたいと思う仕事です。