アナウンサーの勤務先と仕事内容の違い

アナウンサーの勤務先・働き方の種類

アナウンサーの勤務先として一般的なのは、全国にたくさんあるテレビ局あるいはラジオ局などの放送局です。

アナウンサーの基本的な仕事内容として、ニュースを読んだり情報番組の司会をしたり野球やサッカーなどのスポーツの試合の実況をしたりするという点ではどこの放送局でも変わりません。

しかし、民間の放送局の社員なのか、それとも公営放送であるNHKの職員なのか、あるいはフリーランスとして放送局と業務委託契約をしているのかによって、アナウンサーとしての仕事内容や転勤・異動の有無などの働き方が異なります。

ここでは、「キー局で働くアナウンサー」「NHKで働くアナウンサー」「フリーランスで働くアナウンサー」に分けて説明します。

アナウンサーの仕事内容

民放のキー局で働くアナウンサー

テレビ局は日本全国にかなりの数がありますが、そのうち代表的なのが「キー局」といわれる存在です。

民放のキー局とは日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの5社のことを指しています。

キー局で働くアナウンサーは全国放送のニュース番組やバラエティ番組、スポーツ中継などに出演していて、それぞれの担当番組によって勤務時間が異なります。

勤務地はいずれも東京となり、海外の支局などに行かない限りは基本的に転勤はありません。

ただし、局内の事情によってアナウンサーから編成などの別の部署に異動することはあります。

キー局で働くことは多くのアナウンサー志望者にとって憧れであり、その収入や待遇は非常に恵まれたものになるといわれています。

NHKで働くアナウンサー

 

民放とは異なる放送局としては、公営放送であるNHK(日本放送協会)があります。

NHKは視聴者が支払っている受信料で成り立っている放送局であり、東京の渋谷にある放送センター以外に、全国の都道府県にそれぞれの地域を担当する地方局があります。

NHKでアナウンサーとして働く場合は、このような全国の放送局を転勤しながら働かなければいけません。

もちろん、アナウンサーによっては全国放送の番組を担当していてほとんど転勤をせずに働いている人もいますが、基本的には転勤ありきの職場だということを理解した上で就職する必要があります。

仕事内容としてはキー局と同じようにニュース番組やバラエティ番組、スポーツ中継などの司会や実況を行いますが、公営放送という性質上、事件や事故、災害報道に特に力を入れているという側面があります。

フリーランスで働くアナウンサー

キー局やNHK以外に、フリーランスとして働いているアナウンサーもいます。

フリーランスのアナウンサーの場合は放送局からの依頼を受けて仕事をすることが多く、キャスターやリポーター、あるいはナレーターとしてそれぞれの番組で活躍します。

フリーランスのアナウンサーの働き方の特徴は、本意ではない転勤や異動が一切ないということです。

また、契約の内容にはよりますが、基本的にはどの放送局の番組にも自由に出演することができます。

こうした理由から、もともとキー局やNHKで活躍していたアナウンサーが可能性を広げるためにフリーに転身するケースは決して少なくありません。

もちろん、働き方が自由なぶん生活が不安定でもあるので、フリーになるにはさまざまなリスクに備えることが大切です。