通訳案内士の仕事内容

通訳案内士の役割 通訳案内士とは、海外からの観光客を各地に案内しながら、日本の文化や伝統を外国語で伝える仕事です。かつては通訳ガイドとも呼ばれていました。 通訳案内士の仕事はガイドだけではありません。旅行スケジュールの管 … 続きを読む

通訳案内士の現状と将来性

資格取得後の現状 試験にパスし、通訳案内士として登録されている人数は、2011年4月の時点で15,371人となっています。しかしその中で、実際に稼動している人は26.4%という統計が出ています。 つまり、せっかく資格を取 … 続きを読む

通訳案内士の役割

訪日した外国人の案内やサポートを行う 通訳案内士は国家資格です。その業務内容に関しては「通訳案内士法」という法律で規定されており、通訳案内士法の条文の一つには、「報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅 … 続きを読む

通訳案内士の活躍の場、就職先

フリーランスで働く人が多い 通訳案内士は、現状、フリーランスとして働く人が多い職業です。 日本を訪れる外国人が増え、通訳案内士の需要が高まり始めている一方、残念ながらまだ正社員として就職できる機会はそこまで多くないようで … 続きを読む

通訳案内士の1日

案件によって勤務時間や1日の流れは異なる 通訳案内士は、日々さまざまなお客さまを日本全国へと案内していますが、その1日の流れは担当する案件ごとに異なります。 たとえば、観光目的のお客さまをガイドする場合。「どこに行くのか … 続きを読む

通訳案内士のやりがい

お客さまのニーズに応え、喜んでもらえる 同じ観光地を案内するとしても、お客さまによって好みや求めているものはさまざま。 通訳案内士は日々、その日ガイドするお客さまのことをよく観察し、相手に満足してもらえるようなガイドの仕 … 続きを読む

通訳案内士のつらいこと、大変なこと、苦労

ガイドの前には綿密な下調べが必要 「ガイド」というと楽しそうに聞こえるかもしれませんが、実際に人をいろいろな場所へ案内するというのは、とても大変なことです。 ガイドの仕事が入ったら、通訳案内士はまず、観光地等に関しての綿 … 続きを読む