女性のトレーダー

女性の割合

日本全国にどのくらいの金融機関や証券会社所属のトレーダーがいるかは定かではありません。

そもそも日本の金融機関における法人営業(ホールセール)の世界は男性が圧倒的多数であり、マーケットの最前線を張る女性は男性と比較して少ないことは否めません。

業界的な慣習もあり、株式のトレーダーに関してはまだ少ないようですが、債券のトレーダーは日系証券会社では比較的女性も増えつつあるようです。

能力主義の世界

女性が少ないといっても、マーケットの世界は完全な実力社会です。

個別の社風にもよりますが、現在は女性活躍推進をテーマに各社とも女性が働きやすい職場を作る動きが盛んになっています。

女性だからといって、不利益や差別につながる行為を同僚や上司が行うことは禁止されています。

ひと昔前は機関投資家であっても「担当が女性とは何ごとか」とクレームをつける取引先もありましたが、現在ではそのようなことはほとんどなく、仕事上の性差を感じることは少なくなってきています。

トレーダーの能力は、顧客を説得し、どれだけの売買高を積むかにあります。

体力や長時間の労働が必要な種類の仕事ではありませんので、女性にとって極端に不利といった職種ではないであろうと考えられます。

コミュニケーション能力が高いと有利

女性は一般にコミュニケーション能力が高い人が多く、相手の調子や要望を素早くとらえ、状況にあったうまい対応をするのが男性よりも得意な傾向があります。

大きなお金を動かすトレーダーも、元はといえば法人を相手にした営業職です。売るのがモノではなく、有価証券取引に変わっただけです。

お客さまがどのようなストラテジーを考え、どのようなニーズがあるのか、また現在の資産構成はどうなっているのかを聞き出す能力があれば、トレーダーとしては鬼に金棒です。

早朝出勤に対応できるかがカギ

トレーダーは長時間拘束される職種ではありませんが、朝が早いことが特徴です。

早朝には海外市場の状況をチェックし、経済ニュースや新聞に目を通し、早朝会議での打ち合わせの後、それぞれの顧客に連絡して本日の相場予想や売買予定を聞き出します。

そのため、午前7時ごろには持ち場に着く人もかなり多くいます。

女性が家庭を持った後もトレーダーとして長く続けるのであれば、朝の時間を何とか家族でやりくりできるように工夫する必要があるでしょう。

たとえば、たいていの保育園は、早くても午前7時からの開園ですので、出産前に子供の朝の面倒はどうするのか十分シミュレートしておくことが必要です。