タクシー運転手に向いている人、適性

気配りができる人

タクシー運転手というと、運転が好きだったり得意だったりすればなれる仕事だと考える人もいるかもしれません。

しかし、実際はサービス業としての自覚を持ち、お客さまに快適に過ごしていただくための気持ちが強く求められる仕事です。

たとえば、運転に集中しながらも常にお客さまの様子には気を配り、場合によっては「車内は寒くないですか?」などと声をかけることも大切です。

あくまでもお客さまのために運転をするのがタクシー運転手ですから、さりげない気配りや心配りができる人にこそ向いている仕事です。

また、日々さまざまなお客さまと接するだけに、コミュニケーション能力も必要とされます。「運転は好きだけれど人が嫌い」という人には、あまり向いている仕事とはいえません。

一人で過ごす時間も苦にならない人

一方、タクシー運転手は自分だけで過ごす時間も長い仕事であるだけに、一人の時間が苦にならない人に向いている仕事だといえます。

毎日、会社からタクシーを出庫してからの1日の過ごし方は、基本的に個々の運転手に任されます。

その日の営業が終わるまでは自分でお客さまを見つけながら走ることが基本となるため、会社で大勢の仲間と協力して物事に取り組む、という仕事とは性質が異なります。

一人で過ごす時間を退屈に感じてしまうような人だと、タクシー運転手としては厳しいかもしれません。

ストレスに強い人

タクシー運転手の仕事は、基本的に1日の拘束時間が15時間程度と、とても長くなります。

その分、休みもしっかりととることができますが、運転中は安全運転のために常に集中している必要がありますし、精神的なプレッシャーもかかりやすいです。

また、長く仕事を続けていれば、なかには酔っぱらって暴言を吐くお客さまがいたり、理不尽な文句を言ってきたりと、接しにくさを感じるお客さまとの出会いもあるはずです。

それでも、仕事を投げ出すわけにはいきません。

タクシー運転手は、ちょっと嫌なことがあったときにすぐにイライラするような人ではなく、我慢強い人やストレスに強い人に向いているといえます。