森林インストラクターの求人募集状況

公の機関やNPOでも求人の募集

森林インストラクターとして働くためには、どのような企業や団体で仕事をすることになるのでしょうか。

まず、公の機関に就職するのであれば、県の農業課や林務課、国立公園のビジターセンターなどで職員として働きながら、森林に関するイベントを企画・主催するという方法があります。

公務員として働くことになるので収入は安定し待遇も良いのでメリットは大きいのですが、公務員試験の競争率が非常に高いという点と募集が毎年若干名しかないという点は留意しておいたほうがよいでしょう。

民間企業に就職するのであれば、アウトドアショップで働いたり、森林でのツアーを組む会社で働いたりする方法があります。

最近ではNPOでもガイドツアーやレクリエーションを行っていることがあります。

このような森林ツアーは大自然があり多くの人が訪れる場所に限定されるので、全国の有名観光地をチェックして就職先を探すほうが賢明です。

世界遺産に登録されている屋久島や国立公園の尾瀬、雄大な自然に囲まれた北海道などは、森林ガイドやトレッキングツアーの仕事も比較的多いようです。

ボランティアの募集も多い

ただし、このようなツアーはボランティアによって行われていることも多く、ガイドは食事代や宿泊費程度しかもらえないということもあります。

ボランティアではなくても、子ども向けのツアーでは参加料金が安いため、一日の報酬としては低い金額になってしまうこともあります。

森林インストラクターの求人を探すのであれば、雇用のスタイルや報酬の有無など、細かい条件をしっかりと確認することが大切です。

いずれにしても高い収入が望めるような求人はそうそうないことを覚悟したほうがよいでしょう。

年配のインストラクターの募集も

森林インストラクターの求人には年齢制限がないことも多いのですが、学生向けの課外授業などを想定して「平日に参加できる人」「泊まり込みで参加できる人」を募集していることもあります。

このようなケースでは、比較的自由な時間がある人のほうが望ましいため、定年退職後に森林インストラクターの資格を取得して活動しているような年配の方のほうが条件に合致することも多いようです。

森林インストラクターは、年齢が高くてもあきらめずに応募することが大切です。