映画宣伝の会社

映画宣伝を行う会社の分類

映画宣伝を行う会社は多様に存在します。まず、映画配給会社は、下記に挙げられるようなさまざまな規模に分かれ多数存在しています。

メジャー系邦画配給会社

東宝、松竹、東映、日活、角川映画など

メジャー系洋画配給会社

UIP、20世紀フォックス、ワーナーブラザース、ソニーピクチャーズ、パラマウンピクチャーズジャパン、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンなど

インディペンデント系配給会社

ギャガ、東宝東和、ヘラルドなど

ミニシアター系配給会社

フランス映画社、シネカノン、アップリンク、ユーロスペースなど

このほかにも数十社に及ぶたくさんの映画配給会社が存在し、それぞれの会社の規模によって配給会社は、洋画と邦画のジャンルを問わず、さまざまな作品の配給を行っています。

それぞれの会社に映画宣伝部という部署が社内に存在し、自社作品の宣伝を担当しています。

そのほかのケース

配給作品数が多く、配給会社の宣伝部内で手が回らなかった場合に、映画宣伝を扱う宣伝会社に宣伝業務を委託する場合もあります。

また、宣伝マンや宣伝ウーマンという仕事を手に職として生活している人々、つまり、会社に所属せずに、フリーで行っている方も多く存在します。

この人たちは、配給会社や宣伝会社に所属しながらマスコミや配給会社の中で人脈と仕事の信頼を培い、独立してフリーになるというパターンが多く、1作品ごとや年契約など、配給会社とその都度契約して宣伝業務に携わります。

ミニシアター系の小さい配給会社では、宣伝部という名のつく部署がなく、買い付けから宣伝まですべて1人で担っているという会社もあります。

基本的には、大きな会社であるほど仕事は分業化されていて、扱う映画も多いため専門の会社(予告編製作会社や宣伝会社等)に委託する場合が多くなります。

逆に、1人のスタッフが買い付けから公開までさまざまな仕事に携わる小規模の会社も多数存在しています。