航空整備士の仕事内容

航空機の整備とは

航空整備士は、航空機が安全に飛行できるように機体の点検・整備、修理を行う仕事です。航空機は大小合わせて何万という部品からできており、たったひとつの部品の不具合や欠落などから、命に関わる危険が生じることもあります。

そのため、安全なフライトを実現するには機体のぬかりない整備が必要であり、それを行う航空整備士には、専門知識と確かな技術を持っていることを示すために、国家資格の取得が求められます。

航空機は膨大な数の部品からできており、非常に複雑な仕組みです。最先端の機器の集合体であるため、整備は専門のチームに分かれて、分担して作業を行います。

エンジンを専門にチェックする人、ドッグでの整備を主に担当する人、整備部品を担当する人など。さまざまな知識と技術を持った多くの航空整備士が、協力しながら仕事を行っていきます。

整備の種類

点検には経験と技術が必要で、目で確認したり叩いたりする他、超音波やX線などさまざまな方法で確認を進めます。航空機が飛ぶ前に必ず点検作業を行い、航空整備士のOKがでないと、航空機を飛ばすことができません。

航空機の整備にもさまざまあり、到着機や出発機の点検を中心に行う「ライン整備」のほか、機体を定期的に格納庫に入れて重整備を行う「ドック整備」、そしてコンピュータやエンジンなど、航空機の心臓部といえる部分の整備を行う「ショップ整備」があります。

限られた時間内で、確実に作業を行わなければならないため、強い集中力と責任感が求められます。

就職先は整備会社が中心

航空整備士の活躍の場としては、エアライン系列の航空整備会社を筆頭に、航空機メーカー、航空使用事業会社、またヘリコプターを持つ新聞社やテレビ局などの企業、警察や消防などの官公庁まで幅広くあります。

資格取得をしながらスキルアップ

航空機は大勢の人の命を乗せて空を飛ぶため、その整備を行う航空整備士の責任は非常に大きいものです。

一人前の整備士になるには国家資格の取得が必須ですが、資格はいくつもの種類に分かれており、取得した資格によって扱える機体の種類や業務範囲が異なります。

たとえば、「二等航空整備士」はヘリコプターやセスナなどの中小型機の整備業務を行える資格であり、もしジャンボ機を扱いたいのであれば、「一等航空整備士」の資格を取得する必要があります。

なお、一等航空整備士はB747やB777など、機種ごとにも資格が分けられています。

さらに、二等航空整備士や一等航空整備士はそれぞれ整備業務全般を行えるのに対し、「航空運航整備士」の資格では整備業務を行える範囲が限られているなど、さまざまな規定があります。

また、航空整備会社などではいくつもの社内資格を設けています。

ライン整備ひとつとっても、最終的に機体の確認をし、「離陸OK」のサインを出すのは主任者の資格を持った人となっています。多くの資格を取得すればするほど、自分の業務の幅が広がっていきます。