自動車整備士の大変なこと、苦労

労働環境は甘くない

整備の現場は「3K」といわれることもあるように、決して甘くはない環境です。重い部品を運んだり力を使った作業が多いことからかなり体力を消耗しますし、油などで汚れるのも避けられません。

夏は汗をかきながら、冬は寒さに耐えながらの作業となることもあります。

それだけ大変な仕事ではありますが、自動車を安全に走行させるために、自動車整備士は世に欠かせない重要な存在です。

車に対する情熱や人々の助けになりたいという気持ちがあれば、苦労や厳しさよりも、ずっと大きなやりがいを味わうことができるでしょう。

新たなスキルの習得が必要

電気自動車やハイブリットカーが登場し、整備に必要な知識や技術もどんどん変化しています。自動車整備士には常に新しいスキルが求められ、逆にいえば既存のやり方だけにこだわっていると、やっていけなくなる可能性もあります。

そのため、新たなテクノロジーに興味を持って学ぶ向上心や、日々勉強の姿勢で仕事に取り組む積極的な姿勢が必要になります。

接客技術も求められる

自動車整備士としての腕を磨くことは必須ですが、ただ黙々と車と向き合っているわけにはいきません。整備士は車の持ち主であるお客さまに対し、不具合箇所や修理内容をきちんと説明することが求められます。

そのため、コミュニケーション能力やサービス精神、接客技術も向上させなければなりません。

特に各社の競争が激化している現代では、お客さまにいかに心地よく自社のサービスを利用していただくかが重要なポイントとなっています。整備士だから自動車の整備だけできればいい、という考え方は通用しなくなっています。

「お金第一」の人には厳しい面も

自動車整備士の仕事は、その厳しさや大変さに反して給料がいいとはいえない面があります。もちろん各社によって実態は異なりますし、経験を積んでスキルアップすれば昇級も望めます。

しかしながら、仕事内容と給料が見合わないと感じることから転職を考える人も存在します。特に20代の若いうちであれば良くても、年齢を重ねていくと給与面や待遇面が気になる人も多くいるようです。