自動車整備士の1日

自動車整備士の1日

自動車整備士の勤務時間は会社によって異なりますが、9時から18時までといったように朝から夕方ごろまで働く場合が多いです。

特に新人や若手の場合、毎日仕事内容に大きな変化があるわけではありません。できることを確実に、正確にこなしながら、少しずつスキルアップを目指します。

スピーディーに作業をこなしつつも、業務中の事故やミスを防ぐことが最も大切です。

<整備工場に勤める整備士のある1日>
08:30 出社
作業服に着替え、準備を整えます。

08:45 朝礼、ラジオ体操
その日の予定や作業手順を確認します。ケガなく業務を行うために、体操で体を動かします、

09:00 勤務開始
作業指示書を確認し、整備に取りかかります。一台の整備が終わったら、上司に報告してチェックを受け、OKが出たら次の車両の整備にうつります。

12:00 休憩
昼食の時間です。ミスを防ぐために、休憩は必ず一つの車両の整備を全て終えてからとることが必須です。

12:45 作業開始
間に15分の小休憩を挟み、引き続き整備を行います。

17:30 作業終了
キリのいいところで作業を終え、工具の片付けや現場の清掃を行います。

18:00 勤務終了
シャワーを浴び、着替えて退社します。日によっては2時間程度の残業を行うこともあります。

ディーラーの整備士の場合、整備工場の整備士の1日と大きな違いはありませんが、フロントスタッフとしての役割がより大きくなり、直接お客さまの車の引き取りや納車などを行う機会が多くなる職場もあります。