医療事務のつらいこと、大変なこと、苦労

覚えることが多い仕事

医療事務というと、病院や診療所での受付を真っ先に思い浮かべますが、医療事務には、受付以外に診療費の計算、会計、処方せん窓口、カルテ管理、入退院受付、病棟クラーク、その他庶務的業務、診療報酬請求といったさまざまな仕事があります。

仕事の幅が広いというのはそれだけ覚えることが多いということです。

大きな病院では、レセプト業務などが膨大な量のなるため、専門のスタッフが仕事を分担していることがありますが、小さな病院や診療所、個人の病院などでは、一連の業務を行わなくてはなりません。

数多くの業務があるなかで、一つひとつの仕事を的確にある程度のスピードでこなしていかなくてはならないというのは、医療事務の大変なところです。

常に患者さんへ気遣いが必要

病院や診療所に訪れる患者さんは皆、具合が悪かったり、何かの病気を抱えている人たちです。

しかし、病院を訪れても、すぐに診療が受けられるとは限らず、待合室で長く待たなくてはならない場合も多くあります。そうしたデリケートな気持ちの患者さんの対応を病院内で最初にするのが医療事務です。

そのため患者さんの対応については常に気遣いが必要です。

また、患者さんに診療のことを聞かれても、医療事務の人は答えることができません。診療と思われる行為は、国家資格を持った人以外がしてはならないのです。

患者さんとのコミュニケーションに注意しなければならないところが医療事務の大変なところでしょう。

時には患者さんのクレーム対象になることも

病院や診療所で最も患者さんの目に入るのは医療事務の人かもしれません。

医師は診察にいますし、看護師もたいていは診察室にいて患者さんの目に留めるところにいるのは医療事務の人です。

患者さんにとっては病院や診療所で働く人はすべて医療関係者と認識されますから、医師や看護師への不満や病気への不満などのクレームが思わぬところで医療事務の人に向いてしまう場合があります。

また、診療報酬という金銭が絡む仕事をしているだけに、患者さんの本音と直面しやすい職種でもあります。

そうした対応をしなければならない点は、医療事務の苦労するところでしょう。

仕事体験談