保険外交員の苦労は?ノルマは大変? (体験談)

ノルマのある仕事

仕事は覚えるまでがどの仕事も大変です。

保険外交員で大変といわれることは、ノルマがあるということです。

成果が挙がればあがるほど給料に反映されますが、その分挙がらないことが続くと給料面が厳しくなります。

ノルマを目標として捉える

「ノルマ=押し付けられたもの」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、「ノルマ=目標」と捉えるとプラスのイメージに変わり、やる気が出てくるはずです。

自分の苦手な部分をプラスのイメージに変えることで、大変だといわれる営業も楽しくなってきます。

成績だけじゃなく、毎日のアンケートや月ごとの設計書の数にも目標があります。

最初はプレッシャーですが目標があることで後押しされ、そんな些細なことから成果に繋がることが多かったりします。

意味があるからこその目標なので取りあえずはやってみることが大事です。

コミュニケーション能力を磨くチャンス

毎日いろいろな人に話しかけるわけですが、話を聞いてもらえないことが続くと自分を否定されているような気持ちになってきます。

そんなときは、一人で考えず上司に相談したり同行してもらい、話しかけ方を見て学ぶという手もあります。

いつもの話しかけ方がだめなら次はこうしよう、と失敗の経験を生かしコミュニケーション能力を磨いていって下さい。

いろいろな企業や職業の方と話せる機会はそうないのですごいことです。

一見大変と思えるものでも、見方を変えることでワクワクするような仕事の仕方に変えていけるはずです。

仕事体験談