保険外交員のつらいこと、悩み

外交員は2年で9割は退職するってホント?

外交員は2年で9割は退職する、という話を耳にすることも多いこの業界ですが、これは人によります。

一番の退職理由は、「目標未達成」

原因の一つが、ノルマを達成できなくなること。

昔は保険商品も利息が高く、どんどん売れた時期もあったのですが、現在は低金利ですのでなかなか増えません。

それどころか、どんどん保険料を見直しして節約しようという傾向が強まっています。

そんな中、保険を契約しようという人はなかなかいません。

そのため、次々とコンスタントに契約を取れる能力のある人自体が少ないのです。

会社員として雇用されている正社員・契約社員の給与の内訳は「基本給」+「成績に比例した手当て」。

給与制度が「出来高制」となっているのがほとんどのため、求人に書いてあった給与とまったく違ってくる人もいます。

個人事業主として会社と業務委託契約を結んでいるタイプは、いわゆる自営業と同じ立場になりますから、経費は全て自腹です。

毎日の事務用品や交通費、電話代はもちろん、会社によっては保険会社の粗品を自分で買い取り、営業しなければならないところもあります。

そのため、契約が取れない人はどんどん給料も下がり、会社に居づらくなり辞めるという傾向があります。

逆を言えば、契約を取れる人はどんどん給料も上がり、向き不向きがはっきり分かれる仕事だと言えます。

新人勧誘も、お仕事の一つ

また、辞めていく人が多い分、常に新しい人を求めている業界なので、外交員が新しい外交員を勧誘するということもあります。

よく聞く「保険の外交員の方に、お仕事に誘われた」というのはこの手の話です。

新しい人を入社させると、勧誘した人の成績や評価に反映されるため、本人の適正を見て勧誘しているわけではなく、専業主婦で時間がありそうな人や、子育てがひと段落して仕事を探している人みんなに声をかけているというのが現状です。

逆を言えば、新人さんを入れないと成績も評価も下げられてしまうということ。

ある保険会社では、毎日の朝礼で「今、勧誘している新人さんの名前を3人以上挙げなさい」と言われ、挙げられなければ怒られるということがあるそうです。

そしてそのノルマを達成できない人も、居づらくなったり、給料が下がってやりくりできなくなってしまい、辞めていくことが多いとのこと。

あくまで「ある保険会社」の例ですが、新人を次々入社させるという手法は多くの保険会社で行われていることなので、契約ノルマ以外に、新人勧誘ノルマもあると思って入社したほうがよいでしょう。

いずれにせよ、コミュニケーション力やプレゼン力、営業力や人脈など、人と関わる力がとても求められる仕事です。

きちんと自分の適性を見極めて粘り強く頑張れる人なら、待遇や給与面でも報われるお仕事です。

仕事体験談