保険外交員は結婚、子育てしながら働ける?

育児と両立している人は多い

面接にいくと勤務時間と合わなかったり、募集要項と違ったりしてなかなか職に就けないと主婦の方に聞きますが、子育てをしながら保険外交員として働いている方はとても多いです。

比較的入りやすい環境ではないでしょうか。

給料面をみても、がんばった分だけお給料に反映されるので、養育費が必要なシングルマザーの営業員さんも少なくありません。

また、事業場外労働制である程度時間に融通がきくので、子どもの行事ごとにも参加しながら仕事をしたり、空いた時間を使って子どものご飯を作ったり、家庭があるからと早めに帰社する方もいます。

時間をうまく利用すれば家庭と仕事を両立できる環境でしょう。

制度が整っている会社を選ぶ

両立支援制度として、育児休暇や子どもが体調を崩したときの休暇などの制度が充実している会社もあります。女性が多い職場ですので、そうした制度が整っている企業も多いようです。

定年まで働いている方も多く、同じ子を持つ母親として子育てや仕事との両立の仕方などアドバイスして下さる面倒見のいい職員さんも多数います。

急にアポが入ったりすることもあり、顧客の時間に合わせて仕事をしなければならないときもありますが、家庭が疎かにならないよう仕事だけじゃなく家族サービスにも手を抜かなければ、安心して働くことができるでしょう。

その会社にどのような制度があるのか、実際に育児と両立して働いている人はいるのかなどを見極めて、職場を選ぶとよいでしょう。

仕事体験談