花屋に向いている人、適性

花を心から愛している人

花屋として働く上で一番大切なのは、花を愛でる心があることです。

たくさんの花の名前を覚え、それぞれの特性を理解し、扱い方をマスターし、その花の魅力を余すところなく伝えていこうとする情熱がなければ、花屋を訪れるお客さんに心から喜んでもらうことはできません。

子どものころから花が大好きな人、植物に関する豊富な知識がある人、生け花やフラワーアレンジメントが得意な人など、とにかく花を深く愛することができる人が花屋にピッタリです。

「なんとなくオシャレ」「楽しそう」「美しいものに囲まれて働いてみたい」というような漠然とした憧れだけでやっていけるほど甘い世界ではないのです。

季節感を大切にする人

花は、その時々の季節の訪れを表すものでもあります。

お正月やお盆、お彼岸など日本の昔からの節目の日はもちろんのこと、母の日や父の日、クリスマスやバレンタインデーなどのイベントでも、行事を盛り上げるのに一役買っています。

春夏秋冬の移り変わりを敏感に感じ取れる人、季節ごとの行事や風習を大切にする人も、花屋の仕事をより楽しむことができるでしょう。

体力仕事が苦にならない人

花屋というと、「美しい花々と良い香りに囲まれて綺麗な店内で働ける」という優雅なイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし実際、花屋の仕事は体力勝負の作業がたくさんあります。

たとえば、朝一番に行う花市場での仕入れの作業。早起きが必要になるのはもちろんのこと、軽トラックを運転したり、仕入れた花の積み下ろしをしたりするのも自分で行わなければいけません。

また、店内で働く際にも、重い植木鉢を動かしたり、頻繁に水遣りをしたり…と体を使う作業がたくさんあるのです。

花屋をめざす人の中には若い女性も多くいますが、こういった体力仕事が苦にならない人のほうが花屋として活躍することができるでしょう。