花屋になるための学校

花のプロを育てる専門学校

花屋として働くための知識やスキルが欲しいのであれば、民間の専門学校に通うという方法があります。

専門学校によって名称は違いますが、「園芸デザイン科」「フラワーコーディネート科」などの学科で園芸や植物に関して学ぶことができることが多いようです。

専門学校には高校卒業後に進学する人が多く、履修期間はおよそ2年間になります。

座学から実技や現場実習までさまざまな授業があり、生花を使ったフラワーアレンジメントの方法、独立して花屋を開くための心得なども学ぶことができます。

また、専門学校というほど本格的ではありませんが、カルチャースクールや花屋などで「生け花」や「フラワーアレンジメント」の教室が開かれていることがあり、花の取り扱いや美しく飾る方法を学ぶことができます。

しかし、このような専門学校や教室に通うことはマストではありません。花屋として働くにあたっては特別な学歴や資格は不要なので、学校に行くかどうかは個人の判断で決めればよいでしょう。

通信講座で学ぶ方法も

花について学べる専門学校が近所にはないという場合は、通信講座で花の活け方やアレンジを学ぶという方法もあります。

最近では大手の通信講座にも「フラワーアレンジメント講座」があり、テキストやDVDなどの教材を使いながら季節の花を美しく飾る技術を身につけることができます。

花屋として働く上では花束やブーケの制作をする機会がたくさんあるでしょうから、そうした場面で役に立つでしょう。

ただし、こういった講座はあくまでも花のアレンジに特化しているため、花市場での仕入れのコツや花を長く美しく咲かせるための手入れの方法などを学べるわけではありません。

植物の取扱いに関する知識全般を手に入れたいのであれば、やはり図鑑や実用書を片手に独学で勉強をしたり花屋でアルバイトをしながら先輩に教えてもらったりして努力をすることが求められます。