外交官のつらいこと、大変なこと、苦労

語学習得の険しい道のり

外交官の主な仕事は他国との外交ですから、外国語が話せるのは必須条件です。

今や世界の共通言語となりつつある英語は、できて当たり前。ネイティブ並みに話せる外交官も決して珍しくありません。

さらに、英語以外の多国語の習得も求められます。赴任した国言語を巧みに操ることができなければ、赴任国の要人との交渉に大きな支障をきたしてしまうからです。

ときには恥をかくこともありますし、コミュニケーション不足から誤解を生んでしまうことにもつながりかねません。

こうしたことを避けるため、外交官は、常に外国語を勉強し続けることになります。

世界各国と安定した関係を保つためには、外交官の地道な努力が欠かせないのです。

治安の悪い国では不安との戦い

外交官の仕事は海外勤務と切り離すことができません。

海外での駐在生活は華やかに聞こえるかもしれませんが、実際は必ずしもそうではなく、とくに開発途上国の場合は治安がよくない地域での生活となることもあります。

もちろん、治安がよくない地域の住宅で暮らす場合は、ガードマンが警備につき、送迎も必ず車で移動するなどの細心の注意を払っています。

しかし、日本での生活のように気軽に出歩くということはまずできませんし、ストレスを感じたり恐怖を感じたりする経験もあるでしょう。

また、国によっては日本人への理解や親愛が少なく、なかなか打ち解けられないこともあるかもしれません。

このことは、外交官本人だけでなく妻や子どもなど家族にとっても大きなストレスとなってしまいます。

それでも、両国の発展のために、その国の人たちと信頼関係を築くために全力を尽くし、与えられた任務期間をしっかりとまっとうするのが外交官の仕事なのです。